播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

フィッシングショーOSAKA2020で実物を確認した、ウェアラブル魚群探知機
ぎょぎょウォッチ
01外箱

なんとamazonでポチった翌日に届きました。
早く届くのはありがたいですが、今回そんなに急がなくてもよかったんですけどね。
配送業者さん、お疲れ様です。

この商品、2019年の夏にクラウドファンディングサイト「makuake」にて応援購入を募集されたところ、目標金額20万円をあっというまに突破。
最終的には目標の37倍、750万円ほどが集まったというものです。

こういう陸っぱりから釣り糸を付けて海に浮かべるタイプの魚探は有名な「Deeper」シリーズなどいろいろと発売されており、以前から気にはなっていたのですがモニター部分が結構大きいものかスマートフォンをモニターとして使うものかがほとんどで、そのモニターを扱うのに片手がふさがるか、地面に置いたモニターを覗きこみながら確認する、というのがどうも気になり購入を躊躇しておりました。

そこに出たのがこの「ぎょぎょウオッチ」
モニターを腕時計型にすることによりネックとなっていた片手のふさがりを回避できるようになったので「こんなのを待っていた」と購入に踏み切った次第です。

仕様:
開封前に箱の裏に貼ってある仕様書を確認(これはwebでも確認できます)。
02スペック

腕時計型モニターは300gありますが、海に投げ込む探知機は45gと軽量です。
錘でいうと12号に相当しますね。
エギングロッドや1.5号磯竿では遠投するのに少々不安がありますのでこれを投げ込む際にはシーバスロッドか投げ竿を使うようにしましょっと。

探知可能水深は45m、探知可能距離は約70mというのは私の普段の釣りでは十分な探知範囲で全く問題なし。ええ感じです。
21
(上の絵に描かれているように船からでも、もちろん陸っぱりからも使えます)


箱を開けると本体と充電関係備品、取扱説明書がきれいに収まっています。
03開梱

下側のUSBのジャックが見えているモノ2つは腕時計型モニター充電用のUSBアダプタ。
アダプタはACコンセントに挿せるタイプと車のシガーソケットに挿せるタイプが入っています。シガーソケット用は気が利いてますが、私は既に同様の物を車に積んでますのでその分価格を下げてほしかった気もします。

気になるのは腕時計型モニターを充電する口が一般的なマイクロUSBではなく独自の細いピンである事。
酷使して断線した場合に代替品の入手が厄介ですね。


モニターはフル充電で連続16時間使用可能との事ですのでこれも私の通常の釣りでは問題ありませんし、もしもバッテリーが切れそうになったらモバイルバッテリーから追加充電も可能ですし。
ちなみに小型発信機の電源はCR2032のボタン電池で連続7日間使用可能と充分です。

では海に投げ込む前に部屋でそれぞれの電源を入れてみましょう。
05子機空気中

あれれ、モニターに何の反応もありませんよ?、と少々焦ったのですが後で分かって驚いたのは、小型発信機の底には金属端子が2つ出ていてそれらが水に浸かるとモニターに向けて電波が発信される仕様であること。
空気中にある時のボタン電池の消耗を防いでいるのでしょう。
これは気が利いた仕様ですねと気に入りました。


で、試しにボウルに張った水に浮かべてみるとちゃんと水深と水温が表示され、時間の経過とともに底の形状も映ることが分かり一安心。
06子機水上


こちらは腕時計型モニターを手首に付けたところ。
07親機

腕時計よりは大きいですがモニターサイズを考えるとこれくらいは必要ですね。
遠投する際に電波を拾いやすいように伸ばす内蔵アンテナは昔の漫画で出てきた腕時計型通信機のようで子供心をくすぐられてワクワクしますよ。

気になったのはモニターの日本語。
08フォント

中国の繁体字っぽいフォントです。
中国製ですからこのあたりは仕方ないですかね。
英語モードにしてみてもなんかダサいので日本語に戻しました。
まあこのアイテムの目的はモニターで魚影や海底の確認ですからよしとしましょう。


さてさて、では実際に海に投げ込んでみるとどうなるかの確認です。
2月15日(土)の小潮の日に最初に向かったのは須磨浦漁港東波止。
17

ここは小潮の満潮で水深5mくらいだったはず、と思いつつシーバスロッドにPE1.5号のスピニングリールで投げ込んでみましょう。


最初はラインの高切れが怖くておっかなびっくりちょい投げ(汗)

特に夜釣りで投げ込む時にはガイドにラインが絡んでる事に気付かず全力で投げてパチーンと切れるのが怖いのでKガイドなど絡みにくい竿の使用を強くお勧めします。
ラインもPEではなくナイロンの方がトラブルが少なくていいですね。
18
発信機の底の金属端子が上に向く事もなく、黄色の発信機は視認性もいいですよ。


モニターを見ながら引いてくると、魚影を見つけたところで「ピピピ」というアラーム音と「ブブブ」というバイブレーションで知らせてくれます。

ここで気になったのは腕時計型モニターを装着する手首を左右どちらにするかという点。
私は竿を右手に持ちリールを左手で巻く左巻き派なのですが、リールを巻く左手手首に装着するとリールを巻く際に手首が動いてそれに連動してモニターも動いてしまい確認がしづらいのです。

そこで竿を持つ右手手首に付け替えると、魚の反応があった際にアラームのバイブレーションが伝わり、それがまた魚のアタリそっくりなのですよ。
右手が魚のアタリと勘違いしてしまうんですね。

で、アラーム音だけにしたいのですが、アラーム音とアラームバイブは「両方をオンにする」か「両方をオフ」にするかの切り替え設定しかなく、音だけにする訳にいかないと。

まあ、これの使い方は発信機に仕掛けや餌を付けずに魚影を探す事ですから、早く慣れて振動をアタリと勘違いしないようにするしかないですね。
でも慣れた頃には実際に釣っているときのアタリへの反応が遅れそうでなんかイヤ(汗)
ここは次の製品では「アラーム音」と「アラームバイブ」を独立してオンオフできるようにして欲しいところです。


そして足元までずーーっと引いてきますと波止のキワで魚の反応が出ました。
19

一見魚がうじゃうじゃいるように見えますが、このモニターの見方で注意すべきことは、この魚探の発信機はGPS機能は搭載しておらず位置情報と表示の連動がされないこと。
モニターは時間軸で左側ほど過去、右側ほど現在の発信機の場所の情報を表示しているので、魚を見つけたところで巻き取りを止めると同じ魚を何度も検出するので画面が魚だらけになってしまうんですね。

またデータを保存できないのでDeeperのように日時と位置情報と連動した探知結果や海底図面の作成もほぼ不可能。

要するに「今、自分の前の海の深さと水温、魚影の有無をリアルタイムで見るためのもの」というシンプルな仕様な訳です。



家内:
いろいろ確認できたようだけど、結論としてこのお買い物は満足したの?

うん、釣りに関するものは仕掛けも料理もシンプルな方が良い、という私の基本的な考えに合ってるのでこれで十分満足だよ。
上を見るとキリがないけど、Deeperの半額くらいだし。

ただ、、


家内:
? ただ?


最大の改善要望点は「ぎょぎょウォッチ」、というネーミングです!(汗)


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

須磨海岸とそこでの釣りをこよなく愛されているbt(blue tetrist)さん。
ここのところ業務多忙でブログ更新もなさっていませんでしたが、2/11(火)に久しぶりに更新されました。

bt究極のラッキーパンチ!2.23開催
http://bluetetrist.blog.jp/archives/82175165.html
01


ぎゃはは、さすがbtさん今年のブログ記事1発目はいきなり釣り大会の開催告知ですか(笑)
面白い、私も参加させていただきますよーー。


家内:マジですか?暖冬とは言えこの厳寒期に?


当然でしょう。
阪神タイガースの真のファンは厳しい時代こそ応援に足を運ぶのですよ。
優勝争いに絡んでる時だけ甲子園に行くのは真の応援とは言えません。
須磨海岸もこういう厳しい時期にこそ行かねばならんのです。

家内:
確かに年中行ってるわね。これでもかというくらいに。


では例によりましてレギュレーションの分析と、それに基づく戦略・戦術検討を行いましょう。

(以下btさんブログよりレギュレーション部分を引用)
-----------------------------------------------------------
開催日 2020年2月23日(日)

場所 須磨区の海岸(船釣りは禁止)

検量場所 須磨浦漁港東

対象魚 食べられる魚ぜんぶ(毒魚除く)

ルール 当日釣りあげた1尾長寸で競う

スタート 自由

ウエイインリミット 14時

(13時30分検量開始)



表彰 1位、2位、3位(表彰状)

賞品 各自プレゼントを持参いただき、1位から順に好きなものを選べます。



魚が釣れなくても参加OKです。

タックル 自由(いくつ使っても構いません)

表彰式 14時30分~(予定)

 

細かなレギュレーションはありませんが、

釣り場でのトラブル、事故には一切責任を持ちませんので、安全等には気を付けて、楽しい釣りをお楽しみください。
-------------------引用ここまで------------------------

一見、この渋い季節ならではのおおらかなレギュレーションに見えます。
が、細かく見るとかなり過酷な釣りになる内容でもありますね。。
(考え方には個人差があります)


いつもと違うのは大きく以下の3点。

1)対象魚は「食べられる魚ぜんぶ」
2)釣りが可能な時間が長い
3)同時に出せる竿の数に制限はない

1)の対象魚について:
最近のbtさん釣り大会では必ず「キス」が対象魚に絡んでいましたが、今回は「食べられる魚なら何でも」とのこと。
そうなると何を狙うか、参加者の皆さんの個性が出まくるだろうと予想されます。

この季節に1匹のサイズ優先で何かを狙うなら、
 ①スズキ(ハネ)
 ②コブダイ
 ③真鯛
 ④チヌ・キビレ
 ⑤アナゴ
といったところでしょうか。
あ、「食べられる魚」としてはボラもターゲットかな?

もう各地でバチ抜けも確認されているようですからハネやスズキの活性も高いでしょう。
大会当日は大潮ですしうじゃうじゃ湧くんじゃないでしょうか。
03
 ↑バチ抜け↑


2)の挑戦時間について:
従来の大会ではせいぜい4時間程度の短時間勝負でしたが、今回はスタート時間の設定はありませんので、大人げなく勝ちを狙いに行くならば、
2月22日(土)の深夜に釣り場に到着し、2月23日(日)に日付が変わった瞬間からウェイインリミットの14時まで釣れば、
なんと14時間も釣り続ける事が可能です。

遠方から電車で参加される方も不利にならない配慮がされたとても優しいルールですね(笑)


そして3)の竿の数制限が無い、という点について:
もちろん常識の範囲内の本数で周囲の釣り人に迷惑をかけない事が前提ですが、これも悩みのパラメーターですね。



では何を狙うか。
1)での対象魚候補の中で、
2)の未明の真っ暗な海でも釣れる長い魚。
そして3)の竿数が多いほど有利になりそうな魚は??

もう見えてきましたね。

タックルも自由、とのことですのでこんなん投げ込んでみようかな。
02



家内:
よしなさいって。それは既に釣りではなくて漁よ。
btさんに叱られるわよ。


はいー、冗談ですーー。


あ、そうだ!
須磨での釣り大会ならば須磨のAさんとの「大人げないバトル2020」の第2戦にもなりますね。

前回の第1戦:流離丸での真鯛サビキ対決は
        鯛  メバル  ハマチ
須磨のAさん    2   1     0
もと       3   2     1
と私の完全勝利でしたから、まあ今回も相手にならないと思いますがね(笑)

私がハネを釣る横で須磨のAさんはハゼしか釣れない、とか。けけけけけ。


家内:
だからよしなさいってば、ホントに大人げない。。。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

2/8(土)にフィッシングショーOSAKAで実物を見て、その日にポチったあるお買い物。

え?何を買ったのかって?
フィッシングショーOSAKAの私の時間割で、1つ妙なネーミングのものがある事にお気づきでしょうか。ふふふ。
13FSO時間割

さて、それはさておき、フィッシングショーOSAKAに行った翌日、2/9(日)は平磯海づり公園で開催されました、
根魚カーニバル2020
に参加してきましたよ!

朝7時開始で10:30-11:00が検寸時間。
ガシラ、アイナメ、メバルの3種のいずれかの1尾長寸争いです。


前夜は日付が変わる頃に就寝。
目覚ましを朝4時にセットして開場2時間前の5時には平磯海づり公園に到着する予定でしたが目が覚めたら、あちゃーーー、6時過ぎてるやん(汗)
前日かなり歩きましたから疲れてたんかなあ、と急いで着替えて車で出発。

そうそう、そういえば京都の釣り師:ぴっちさんがこの日朝の始発電車で神戸に向かい、垂水駅から平磯海づり公園まで徒歩で移動する、と仰ってましたっけ。
ではちょうどよい時刻ですので、と、駅前でぴっちさんを拾って平磯へGo!

時刻は平磯海づり公園の会場と同時の午前7時。
例年朝早い人は3時頃から開門を待って並ばれますのでもう一級ポイントは先に埋まってしまってるでしょうね。

たかじゅんさんは早々に狙いの西端近くに釣り座を構えられている、との事でしたのでその近くに入らせてもらいました。
ぴっちさんはもう少し東の方を狙ってみる、との事。

03

シラサエビのウキ釣りでメバルを狙ってらっしゃるたかじゅんさん。

たかじゅんさん:
予想通り、アタリが全く無いですねー。


ま、そうでしょうね。
なんせエントリー可能サイズは10cm以上、という一年で最も厳しい時期の釣り大会ですから。


この日の私のタックル:
竿 ダイワ エアエボリューションSMT 1.5-50
リール ダイワ イグジストLT2500  PE1.5号
錘2号にメバル針7号2本の胴突き仕掛けで餌は最初は青イソメにて根魚を狙います。

落としてすぐに来たアタリにすかさず合わせた今日の1匹目。
04

11cmのちっこいガシラ。うーむ。
05

その後波止シャトルにシラサエビを詰めて粘っても、釣れるのはちっこいガシラばかり。
06
刺し餌をシラサエビに変えても同じですね。
10


そうだ、前日ホームセンターで買ったペットの小動物用の餌「生きているミルワーム」を試してみましょう。
07

これも不発。なんのアタリもありませんがな。
平磯のメバルはミルワームは喰わないのか、そもそもメバルがいないのか。

苦戦が続いてるうちにあっという間に検寸時刻になり納竿。
念のために、と11.5cmのガシラでエントリーはしましたがこれじゃさすがに無理でしょう(汗)

この根魚カーニバルの楽しみ、冷え切った体を温める振る舞い豚汁に並びましょっと。
11

釣り仲間と談笑しながら啜る豚汁、(゜Д゜)ウマー
12

表彰式での上位3名は皆さんアイナメ30cm超え。
この日はアイナメデーでしたか。残念。

その後はお楽しみ抽選会とじゃんけん大会。
たかじゅんさん:酵母パンをゲット。
btさん:酵母パンをゲット。
ぴっちさん:じゃんけんで勝ち抜け、平磯海づり公園招待券をゲット!
13

私は全てハズレーーーー(涙)

このままでは終われなーい、と4人で須磨千守突堤に移動するも冷たい北風に心も折れて早々に撤収。
うーむ、予想通り
あ、我々が撤収した後も残られた、たかじゅんさんはハネを連発されたとか。さすがですね。


いやー、身も心も寒い結果に終わりました。
くそ-、来年こそは優勝するぞ!!



そして帰宅しましたら、届いてましたよ
ぎょぎょウオッチ!
01外箱


これに関してはまた別途レポートしまーす!


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

↑このページのトップヘ