播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

【豆アジチャレンジのルール】
1)対象魚はマアジ、及び丸アジ。
2)サイズは10cm未満のもののみをカウントし、10cm以上は基本リリース。
針がアジの腹に掛かったり口が大きく裂けたりした10cm以上は持ち帰っても良いが数にはカウントしない。
3)その年の西暦の数字の数を目標とする。今年2020年は2020匹。
4)持ち帰った豆アジは当然全てありがたく美味しくいただく。
 知り合いに釣果をお分けする場合はエラとハラワタを取り除いてから。
5)釣り場にゴミを残さないのはもちろん、足元にこぼれたアミエビは洗い流して釣り場を後にする。


01

豆アジの美味しさと間口は広いが極めようとすると奥が深いサビキ釣りに魅了され、いつの頃からか10cm未満の豆アジの年間釣果を数えるようになっておりました。

私:
豆アジ豆アジとずっと言い続けていると、なんというか、豆アジがとてもいとおしくてたまらない存在になっている自分に気付いたんだ。

家内:
それはもう『豆アジ愛』ね。



阪本丸でのタコ釣りの翌日の6月28日(日)。

豆アジの数が伸び悩んでいる今年、この日も早朝から須磨海岸に行って豆アジの数を稼ごうとしておりましたが、夜半から降り出した雨が明け方になっても降りやまず、やっとおさまってきて須磨浦漁港に到着したのは午前7時30分。
02

そのすぐ後に到着された2代目・3代目須磨キス釣り年間最強王者のぷーちゃんさんと談笑しながらサビキ釣りを開始します。
03

ただ前日はこのポイントで一日中入れ食いだったという情報にもかかわらず、釣れるのはパラパラと。しかも半数以上は10cm以上で小サバも相変わらず多いです。
日によって群れているところが全然違いますね。
04

苦戦しているところを初代須磨キス釣り年間最強王者のbtさんや、この日又真鯛を釣ったたかじゅんさん、須磨の守護神あおちゃんも竿を持って様子を見に近寄られますが、皆さん一様に「もうだいぶ成長しちゃいましたね」と。
05

80匹を超え、なんとか10cm未満を100匹は釣りたい!100匹釣ったら豆アジチャレンジは継続しよう、と粘りましたが、日も高く上りこの日は95匹でギブアップ。

06


■豆アジカウンター2019■
5月30日 千守東突堤 100匹
6月01日 千守西突堤 102匹
6月08日 千守西突堤 203匹
6月16日 漁港西波止 323匹
6月19日 漁港西波止 481匹
6月22日 漁港西波止 519匹  
6月23日 漁港西波止 293匹
---------------------------       
2019年 合計       2,021匹


■豆アジカウンター2020■
5月23日 千守東突堤    1匹
5月26日 千守東突堤    5匹
5月28日 千守東突堤     13匹
5月29日 千守東突堤     21匹
5月30日 千守東突堤     16匹
6月 3日 千守東突堤      57匹
6月 6日 千守東突堤    180匹
6月 7日 千守東・漁港     51匹
6月10日 垂水漁港    100匹
6月12日 千守東・漁港  228匹
6月14日 千守東突堤   27匹
6月17日 千守東突堤    103匹
6月21日 千守東・漁港   142匹
6月24日 須磨浦漁港      84匹
6月28日 須磨浦漁港   95匹
---------------------------
2020年 合計            1,123匹

釣行回数は昨年の倍なのに釣果は半分程度、という数字が今年の豆アジの渋さを物語っています。
昨年が理想的な釣果の伸びだった年、とも言えますが。


さて、2020匹まで残り897匹も残っていますが、もう今年の須磨で10cm未満だけを一日に何百匹も、というのはほぼ不可能でしょうね。
(10cm以上を含めて500匹ほど釣れば、そのうち100匹は10cm未満でしょうけれども)


という訳で残念ながら、
豆アジチャレンジ2020はこの日をもって終了しまーす!

応援いただいた皆様、ありがとうございました。感謝申し上げます。
また来年の「豆アジチャレンジ2021」に向けて仕掛けを作り貯めます。

さて、次は何を釣ろうかな!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


クーラーボックスに入れる氷用には自宅冷凍庫で作れるこの板氷の型がおススメですよ。

今年は春まだ早いうちからタコが豊漁で各地で好調が伝えられています。
タコを釣らせる遊漁船も夏の間の土日祝日はどれもこれも満席、平日は多少空きがあるかなという状況でコロナ禍で客が減っていた遊漁船もようやく一息付ける事でしょう。

そんな中、先週の小松乗合船に引き続いての今年2回目のタコ釣りは6月27日(土)、お世話になった船は「軟体系の天敵」の異名を持つ阪本丸。




01


この船は船長の性格から通称「S丸」「ドS丸」とも呼ばれており(船にも書かれていますが笑笑)、その日の釣り客で爆釣した人は船長から「変態さん」呼ばわりされることを無上の喜びとしているという、先週の小松乗合船とは大きく異なる釣り船です。

しかしその船の操縦技術は明石のタコ釣りポイントを知り尽くした遊漁船の中でも群を抜いており、「ハニースポット」と呼ばれるタコの巣窟のようなポイントの上を舐め尽くすことで客にどかどか釣らせるため、タコ釣りシーズンが近づくと1日平均約300件の予約電話が掛かってくるのだとか。

そんな人気船、乗りたいけど今年はもう無理だよな、とあきらめていたところ、Yahoo!ブログ時代からの船釣り友「どらごんさん」から「3人分予約が取れたけど、もとさん良かったら乗る?」というとても有り難いお誘いをいただき二つ返事でお願いした次第です。

もうお一人は明石の船タコ釣り最強王者を決める「江井ヶ島タコカップ」、個人杯である「明石釣原人杯タコカップ」を主催なさっている「明石釣原人さん」。

いずれも私など足元にも及ばない猛者のお二人です。
02


他にも初めてお会いする黒田さんや中島さんといった明石ダコ釣り界の重鎮たちで船は13名満席。
朝5時に出船して一路ポイントに向かいます。
03


こんな中に私ごときが入っていていいんだろうか、と仕掛けを準備する私も緊張で顔がこわばってますがな(汗)
04
今日はいつものダイワマンスタイルではなく、麦わら帽子にTシャツと短パンという夏の明石ダコスタイルですよ~。


さて今日の仕掛けはやや濁りもあるため少しでも目立つようにとグローとブラックラメのワームが付いたデビルクラッカーにサンマの切り身を縛り付けたもので始めます。
05


船長の「今日の潮からすると釣れ始めるのは9時頃からやね」の言葉通り、早朝はやや渋めだったものの、8時30分を回ったころから船のあちこちで竿が大きく曲がり「デカい、デカい」の歓声が上がり始めます。

圧巻は私の2つ隣の明石釣原人さん。

1.5kg、2.5kgとデカいのを連発された後、この日の船中最大の3.5kgを釣り上げられます。
06

私だったら手が震えて泣いてしまうかもしれない大物ですが、ケロッとしてらっしゃるのがまたすごい。

私と明石釣原人さんの間の釣り座のどらごんさんも、さすがかつて大阪湾タチウオキングバトルで予選(600名)とセミファイナル(48名)を勝ち抜いてファイナリスト(24名)に選ばれたこともある実力通りボコボコ釣り上げられます。
特に仕掛けを落としてから掛けるまでが早い早い。

そのお二人の潮下になる事が多かったこの日、私はお二人に型も数も差を広げられ、仕掛けをもっと目立たせようと焦った挙句ライントラブルや根掛かりが多発。
船長の「ええ筋に入ったで。ジャンジャン釣ってや。」の声を聞きながらPEにリーダーを結び直したりしているようではいけませんね。

それでも後半なんとかそこそこの型のを連発出来て尻上がりに釣果を伸ばす事が出来て一安心。
07

この日はこのくらいのサイズがアベレージでした。

08


正午頃に終了。
船長は「今日みたいな上げたり下げたりを繰り返す小潮の日は一番釣りにくい難しい日」とおっしゃってましたが釣果(ネット一つが一人分)を並べるとさすが皆さんたくさん釣ってらっしゃいます。
09

上に3匹乗っているのは明石釣原人さんの大ダコ3連発のです。

明石ダコは他の海域のタコと比較すると強い潮流に負けないよう脚が筋肉質で太く短いのが特徴ですが、大きくなると脚も長くなるのですね。

いやー、久しぶりにお会いした友人二人ともワイワイ話しながらのとても楽しい釣りでございました。
どらごんさん、明石釣原人さん、ありがとうございました!
また遊んでくださーい。

10


帰宅してタコを捌いたら、早速太めの脚を2分だけ茹でたお刺身に。

付けるのは醤油よりも胡麻油に塩を混ぜたものがタコの旨味を最大限に引き立てていいですね。
11

これ、ちょっと噛んですぐに飲み込んだらもったいないんです。
噛めば噛むほど旨味が湧き上がってくるのですよ。
最低50回は噛んでお供は日本酒を冷やで。

目を閉じると太陽に輝く明石の海が目に浮かんできます。
やはり明石のタコは日本一だと思いますね。

でもほかにもやらなきゃいけない釣りが多いので、もう今年は私のタコ釣りは終わりにしましょう。

もう既に来年の夏が楽しみです。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


この日私が一番よく釣れたのはデビルクラッカーのこのカラーです。

このブログにて何度も書いております通り豆アジの旨さは頭に宿っているため、私は頭を付けたままの唐揚げで丸ごと食べてもさっくり仕上がる10cm未満のサイズの物だけを持ち帰っております。

00


頭の香ばしさと身の旨味のマリアージュこそが豆アジの唐揚げの真骨頂なのですね。

01


さて、ここからはこれまで書いておりませんでしたが、豆アジにはもう一つ見逃してはいけない旨い旨い部分があるのですよ。


釣ってクーラーボックスの潮氷で氷締めにして持ち帰った豆アジは新鮮なうちにエラ蓋に指を突っ込んでエラとハラワタを取りますね。
11

(下処理方法詳細は5/26のブログ記事をご参照ください


そう、このつまんで外した胸鰭が付いている三角形の部分。
03
ここを捨ててはいけないのです。


一般的に魚は内臓を包む部分に脂肪を蓄えます。
マグロで言えばトロの部位ですね。

魚は泳ぐことで発生した筋肉の熱によって内臓をあたため、消化酵素のプロテアーゼの活性を高めているのですが、腹の部分は冷たい海水によって常に冷やされています。

その冷たさを内臓にできるだけ伝えないように腹部の胸鰭近辺に脂肪を蓄えて内臓を守っているのだと考えられます。

下処理する際にはボウル1つ(処理前の豆アジを入れる)、ザル2つ(処理後の豆アジ、胸部分を入れる)を準備し、まずはすべての豆アジのエラとハラワタを取ってしまいます。
02

エラとワタを取りながら、むしり取った胸部分に水道水をチョロチョロ出して掛けつつ親指の腹で胸部分の内側を胸部分にくっ付いていたエラとワタをこすり落とします。
04
↑これくらいでも構いませんが、気になる方はもう少しこすって、このくらい↓まで汚れが落ちたら完璧です。
05

汚れを落とした胸部分はザルに上げて水気を切っておきます。
06


水気が切れたら乾いたボウルに移し、塩胡椒をした上で小麦粉(薄力粉)をまぶします。
07
まぶすのは片栗粉でも構いませんが、この部位は小さいため薄力粉の方がカリっと揚がり食感が良くなりますね。
逆に本体の唐揚げでは表面をサラリと仕上げたいので片栗粉をまぶしています。


180度程度の油で気泡が出なくなるまでカリカリに揚げます。
08


キッチンペーパーを敷いた皿に上げて油を切り、軽く塩を振ったら完成です。

豆アジ本体の唐揚げもビールのつまみに最高ですが、この胸の唐揚げは更にスナック感覚でとてもとても旨い旨い初夏の味なのですよ。
10


捨てるのはエラとハラワタのみ。

ほとんどすべてを味わえる豆アジという魚が好きです。大好きです!


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


薄力粉は片手で扱える日清製粉のクッキングフラワーが使いやすいですよ!

↑このページのトップヘ