播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

家内:
最近ブログの更新ができてないのね。


私:
知っての通り、釣りにはよく行ってるんだけど、キスがボウズとかばかりでうきゃうきゃした気分でブログを更新する気にならない日が続いてるんだよ。
でもこの4連休はいっぱい釣るよーー。



という訳で今年のシルバーウイーク前半の9月19日(土)から20日(日)は
第2回 大人げない大人たちのタルイチバトル!
土曜の15時から日曜6時までの15時間ぶっ通し釣りに行ってきました。

第一回目は8月8日~9日にかけての根魚バトル。


この時はあおちゃんのガシラ28.5センチを筆頭に6人が釣るわ釣るわ、その数合計258匹。

私:
まったく大人げない。


家内:
あなたもその一員だという事をお忘れなく。


今回は前回参加のたかじゅんさんが不参加でしたが、代わりにガットさんとけんじさんが参加されての7人での勝負です。

参加者:
 「ベランダの皇帝」  元気屋マッキーさん
 「須磨海岸の守護神」 あおちゃん
 「英才教育の貴公子」 NoRiさん
 「静かなる行動派」  ガットさん
 「若き鬼才」     けんじさん
 「大人げない」    須磨のAさん
 「年間最強雑用係」  もと

■レギュレーション■
対象魚の3尾合計長寸争い
3尾中、根魚を必ず含む事。
カワハギ3尾、は不可。
オニオコゼ3尾、は可。

対象魚
ガシラ、メバル、アイナメ、クジメ、ソイ類、アコウなどハタ類、オニオコゼ
カワハギ、ウマヅラハギ
(ただしハゲ掛けは使用禁止)

タイムテーブル
集合15時船長丸乗り場
カワハギを釣らない人は17時の最終便まで可。その場合幹事長(もと)に要連絡。
渡り次第釣り開始可。
納竿 5時30分までに完了。6時の1番船までに検寸完了。


この日、
当初お仕事が入ってたのに強引に休みにして参加された大人げない方が2名。
15時集合や、言うてんのに、待ちきれず13時には到着されていた大人げない方が2名。
前日から楽しみにしすぎて寝られなかった、という遠足前夜の小学生のような方が1名。

今回もなかなかいい感じの大人げなさを醸しまくりながらさすが集合時刻には全員到着。
船長丸で垂水一文字に渡りまっせー!
IMG_0131
皆さんちゃんとマスクを着けての大人の乗船スタイル、素晴らしいです。

わずか1分ほどの開会式を終えたらまずはアサリのむき身を胴突き仕掛けでカワハギ釣り開始。
コンコンッ、ココココッと小気味よいアタリで上がってくるのはまだ手のひらサイズ以下のかわいいカワハギ。
IMG_0133

皆さんもちょこちょこ釣られてますが、カワハギシーズンにはまだ少々早かったようですね。
IMG_0135


IMG_0137

日が暮れたら根魚狙いに切り替えですよ。

IMG_0141
今日もそこそこいい型のガシラがあちこちで上がります。
IMG_0145


中層ではメバルも(20センチ程度)
IMG_0142

しかしやはり15時間通し釣りは長いですね(-_-;)
予定通り夜が明けて納竿したらもう結構皆さんヘロヘロでした。
IMG_0148


さて気になる3匹長寸争いの結果はいかに!!!

優勝(別名:大人げないで賞)
須磨のAさん  記録:3匹合計68センチ!


26センチのガシラを頭に型を揃えられましたね。


他の人はともかく須磨のAさんに負けたのはクッソ悔しいですが、ここは大人らしく勝者を褒めたたえましょう。


私:
須磨のAさん、さすがですね。(くっそー)



そしたら須磨のAさん、何ておっしゃったと思います?

普通は謙遜して「いやいや、まぐれまぐれ」とか言いますわな。


須磨のAさん:
もとさん、ガシラ釣りでボクに勝てると思ってたん?笑笑



まったくこのお方だけは。。。(;´・ω・)


うううーーー、やられたらやり返す。
このお返しは10月18日(日)の須磨キス釣り大会で1,000倍返しじゃあ!!


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

この夏、私はキスがあまり釣れていません。

長い梅雨が明けた8月、一気に酷暑の日々が続き浅場の水温が急上昇してキスが好む環境を超えてしまったのでしょうね。
2020年の私の釣行記録を振り返ると、全釣行回数53回のうちでキスを狙ったのは19回で持ち帰ったキスの数は170匹。
全て飛距離50メートル以内のちょい投げでのキス狙い釣行1回平均わずか8.9匹という厳しさです。


ただ遠投派の方々を中心に20センチ超えのキスを含む数釣りもなさっているようですので狙うポイントが現在の私のままではダメだという事なのでしょう。

では私はどうするか。
昨年まぐれで獲得したタイトルとはいえ、痩せても枯れても現在の須磨キス釣り年間最強王者としてはこのあたりでドカーンとデカギス釣りと数釣りを両立させ、
どんなもんじゃい!
と吠えたいところです。


それで思い出したのが3年前の夏。
たつの市御津町の新舞子海岸で、手漕ぎの貸しボートを漕いで沖合に出て釣ったキス。
最長寸は23センチ程度でしたがその数76匹。
過去の私の数釣りとしては最多記録となっています。
 


では今年もお盆の帰省を兼ねて実弟やすべーと出かけてみましょう。

帰省したのは8月14日(金)から15日(土)の1泊2日。
キス釣りは2日目の早朝にするとして、1日目は久しぶりに龍野の街を歩いてみます。

IMG_9953
たつの市を流れる揖保川。
大鮎が釣れる清流ですが、ここ数年は何が悪いのか放流しても放流しても鮎が釣れないという状況になってますので今年はアユ釣りはやめておきましょう。

龍野は淡口醤油と播州素麺の産地でもあり、大小含めた多くの醤油蔵が並んでいます。
IMG_9966
同じ県内ではありますが懐かしい風景が今も残る故郷があるというのはありがたいことなのでしょうね。

そんな街にはお醤油の自動販売機もあります。
IMG_9968

飲み物と一緒に濃口醤油、薄口醤油、もろみなどが売られているのはユニークですね。
IMG_9967


さて一夜明けた8月15日。
IMG_9973

やすべーが予約してくれていた井野さんの貸しボート2艘にそれぞれ乗り込みまずは沖へ漕ぎ出します。
IMG_9975

この新舞子海岸は兵庫県でもまれにみる超遠浅で岸から100メートルほど沖に出ても時々ボートの底が海底の砂をこするほど。
このあたりだと日が昇ると水温も高くなりすぎるでしょうから沖合300メートルくらいまで出てみますよ。
ここまで来れば岸からはどんな遠投上手な方でも届かないポイントが狙えます。
さあ、釣るぞ!


ところが。。。。
3年前と同じ2本針にイシゴカイの仕掛けなのに、キスのアタリがありませーーーん。
IMG_9979
釣り始めて1時間後くらいに12センチくらいのキスがやっと釣れてボウズは逃れたものの、その後また1時間ほど経ってやっと2匹目、というキスの群れの薄さ。
IMG_9978

更に沖に出るとキスのアタリがなく、逆に岸近くまで移動してもキスがいません。
むむむ、どうなってるんでしょ??


途中やすべーに聞いても「キス、おらんなー」との返事。

そうこうしているうちに日が高くなり暑くなってきたので10:30に納竿。
さあ、結果は!
IMG_9982

 左の3匹:やすべー  右の3匹+20センチほどのマゴチ:私

わははっ、まあ、
こんなもんじゃい!

いやー、しかし、ホント厳しいですね、今年の真夏のキス釣り。
もっと精進せなあきませんね!


※どんなもんじゃい、こんなもんじゃいの表現は揖保川をアユ釣りの主戦場とされているがまかつフィールドテスターのワイルドダンディ様よりお借りしました。お礼申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

さて大人げない大人たちが集まって朝まで遊んだ垂水一文字。
皆さんの餌はそれぞれ青虫1,000円分を基本に、あとはそれぞれ魚の切り身やワームなど思い思いのものを持ち寄られました。

たかじゅんさんなどは青虫1,000円分を途中で使い切りさんまの切り身を併用されたそうですが、豆アジでのノマセ釣りをしていた私やワームも使ってらっしゃった元気屋マッキーさんなどは結構青虫が残ってしまったのですね。

で、皆さんから余った青虫をいただくとこれがまた結構な量なのです。
IMG_9900

大人げない大人たちも餌を弱らせないための管理はちゃんとなさる方々ばかりですので、その表面を見るとまだ買いたてのようにツヤツヤしているのですよ。
IMG_9903

IMG_9904


それで垂水一文字から帰ってきた翌日の8月10日(祝)、今度は須磨浦一文字へ。
集まったのはお声がけいただいた伯楽の大家さん、前日垂水一文字から一緒に帰ってきたあおちゃんとたかじゅんさんの4名。
集合時刻は午前4時30分(汗)

IMG_9905

今回渡ったのは8本ある須磨浦一文字の東の端、通称「1番」です。
普段ここは渡船発着場所との間にフロートブイが浮かんでいて船が着けられないのですが、今年は須磨海岸海水浴場が開催されていないので渡れるとのこと。

全長は250mくらいでしょうか。余り餌の青虫を皆さんにお配りしたらそれぞれ思い思いの場所で釣り開始です。


狙うのはマコガレイ。
実はマコガレイが最もおいしくなるのは真夏なんですね。

冬場は産卵前と後の荒食いのためによく釣れるのでカレイは冬の魚のイメージが強いですが、数は少ないが釣れたら美味しいのが真夏のマコガレイという事なのでしょう。

makogarei1
(出典:http://1310.jp/?p=576)


その前の週に行われたbtさん主催のキスなど釣り大会 bt真夏のラッキーパンチフレックスにて伯楽の大家さんが須磨浦一文字で釣られたマコガレイ31.5センチ。
噂通りとても美味しかったとのお話を聞いて前日残った青虫と新規購入のマムシを持って渡ったわけです。
S__13566221

私が狙ったのは1番真ん中あたりから黄色いポンツーン近辺。
IMG_9907
4.5メートル3号磯竿に小さな天秤、錘5号でカレイ針10号2本針仕掛け、先にマムシを短く刺してから青虫を刺すいわゆる「アオマム」を投入します。

どこに行ってもいるチャリコやベラと闘いながら、カレイのアタリを待っている間にキャロリグでキス狙いのちょい投げもやってみたり。


途中置き竿にしていたアオマムの竿を見ると、おっと、竿先が引き込まれてますよ!

少々待ってから大きく合わせたら、上がってきたのは24センチのマコガレイ。

IMG_9911

IMG_9913

そう大したサイズではありませんが狙った魚が釣れたのがうれしい1匹!

続いて同じ仕掛けで肝パンのカワハギ24センチ。
IMG_9917

これらが前週のbtラッキーパンチ大会で釣れてたらなー、と思いつつ、この日はキスが全く釣れなかったのでどっちみちダメでした(汗)
改めて大会レギュレーションの絶妙さを感じた次第。


8月に入ってからの猛暑のせいで魚も夏バテ気味の中、私はこの2匹の釣果にかなり満足できた1日でした。
伯楽の大家さん、たかじゅんさん、あおちゃん、ありがとうございました。


また、今回の収穫は伯楽の大家さんが最近購入された「空調服」を試着させていただけたこと。
S__13566258

これ、いいですね!
以前から気にはなっていたのですが、30度を超える空気を吸い込んでもそんなに涼しくないだろうと思っておりました。

ところがどっこい、汗をかいた肌に強制的に風を当てることで体から気化熱を奪うのでとても涼しく、特に首の周りから吹き抜けていく風がとても心地よいのです。


という訳で帰宅後ホームセンターやワークマンを探し回りましたが、よく売れているのか私に合うサイズのがなかなか見つからず、ネットでポチったのがこちら!


これのシルバーを買いました。

さてこの空調服のうろこ付けはいつになるか!?


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

↑このページのトップヘ