播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

2013年09月

また懲りもせずオータムジャンボ宝くじを購入しました。

de2f4d88.jpg

もしも当たったら、と思って念の為に番号にモザイクをかけておく自分の小市民ぶりがイヤ(涙)

今回の賞金は
1等   3億3千万円
前後賞  各 3千万円
の計:  3億9千万円  というこれまた中途半端な金額です。

使い道検討:
老後のために貯金 1億8千万円
息子のために貯金   6千万円
夫婦で山分け    各7千5百万円 x2

私の7千5百万円の使い道:
・ポルシェ911カレラ(白)購入  1千万円くらい
・20フィートモーターボート購入   2百万円くらい
・2級船舶免許取得         10万円くらい
・ボート停泊代等の維持費      50万円くらいx20年くらい
・チャンポンめん 箱買い      8千円
・魚肴屋くやすけでクエ一頭料理三昧 不明 100kgくらいのクエ
・泳ぎ釣り道具揃え         10万円くらい

わはは、まだ5千万円くらい残るぞ!たぶん

    


 

e87734ce.jpg

神戸垂水の小学校では昨日の土曜日に運動会を実施したところが多かったようですが
うちの息子の小学校は本日の日曜日でした。

いやー、極めてよい天気です。

昼の弁当は息子の好きなものばかり
 別名:俺天国
0cd5a1a4.jpg

基本的な色使いは茶色です。

そのパワーか
6dcabd5e.jpg

リレーで先頭に立つ活躍。
よくできました!

神戸は元町・三宮近辺の中央区を中心として美味しい中華料理のお店がたくさんあります。

では垂水には?と言うと
あるんですね。垂水にも本物のお店が。

中華酒膳 聖龍 (チュウカシュゼン セイリュウ)
神戸市垂水区日向2-5-24

76e7a8f7.jpg

垂水駅から山側に向かって徒歩7分くらいのところにあるこのお店。
建物はちっちゃいですよー。
ちっちゃいですが、ここの中華料理は例えるなら万里の長城。

我が家の一番のお勧め:
アオリイカのサクサク揚げ  (小)  1,350円
dd079484.jpg


ここの料理は何が素晴らしいって食材への火の通し方が完璧なのですよ。
ae34a9d8.jpg

表面は何の粉を使ってあるのか、唇と歯にあたるサクッとした感触が極めて心地よいです。

また、中のイカの身にもサクッと歯が入っていきまして、
表面+中でのサクサク食感二重奏。

更にアオリイカの旨みと五香粉を混ぜた塩の味がそこに加わります。この塩がまた旨いです。

見かけはシンプル、食べると交響楽団とは言いすぎでしょうか。

続いてのお勧め:
むき車エビのマヨネーズソース  (小) 1,200円
d0d2235f.jpg

大きなクルマエビは身が固いかと思いきや、プリプリ。
こちらも火の通し方の良さがエビの旨みを最高に引き出してくれています。

次は私が大好きな
陳 建民師父のマーボドーフ  (小) 850円
27d5c0d6.jpg

ここのマーボドーフの辛さと山椒のしびれる度合いが大好きです。
初めて食べた際にこの味にハマってその後は毎回注文し、
今回メニューの正式名称をメモして初めて、ここのご主人が陳建民さんのお店で修行された方だと知りました(汗)
これだけでも食べに行く価値がある逸品です。

さあ、火の通し方が完璧な中華料理屋さんで〆に食べるのは!
聖龍特製チャーハン   840円
e353bac7.jpg

具材はチャーシュー、玉子、もやし、ネギと至ってシンプルです。
最近多いふわっとパラパラの玉子チャーハンではなく具材が独立しつつ協力している旨さなんです。
米もしっかりしてまっせー。


神戸市垂水 なんだかんだでいいお店がいろいろありますね。
この街に住んでよかったです。


中華酒膳 聖龍 (チュウカシュゼン セイリュウ)
TEL・予約078-708-3238
(電話予約は、ランチタイムなどのピーク時は避けて下さいとのこと)
住所:兵庫県神戸市垂水区日向2-5-24
営業時間 11:30~14:00 17:30~21:30(日・祝日は17:00~のみ)
定休日 月・第3火曜

夏休みの自由研究で学校特選とやらに選ばれた息子。
頑張ったご褒美は何がいいかと聞くと返ってきた希望の品の名前がこちら。
26937104.jpg


ドラマの主人公がかけていたメガネと同じデザインのブルーライト除去メガネとの事。

私もお揃いで買ってみようかなと思って調べてみると
『40歳以上には効果が薄い』
という記事を見つけました。

要するに40歳を越えると眼球の水晶体が濁り始め、それがブルーライトのフィルターの働きをするため自然に網膜を痛めなくなるんだとか。

わーい、得した♪(涙)


イトメンのチャンポンめんと並ぶ私のソウルフード。
『姫路のえきそば』
95b6c54b.jpg


子供の頃、父に連れられ甲子園に高校野球を観戦に行った帰りに姫路駅での姫新線乗り換え待ちの合間にこの『えきそば』を食べるのが楽しみでした。

カンスイが入った中華風の麺に和風のだし。
アミエビのかき揚げ天ぷらと細い幅に切られたネギ。
一味唐辛子が必須です。

私はあの頃の父と比べて正しい父親になれているか?
親父の背中で教育が出来ているか?

自問しながらえきそばを食べる横を秋風が吹いております。
がんばろっと。

↑このページのトップヘ