播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

2015年07月

78af4eac.jpg

毎日暑いですね。
朝はクマゼミの鳴き声に起こされました。

5665de66.jpg

今朝は潮が悪そうですが、またアジュール舞子に行ってみましょう。

うーん、潮が悪いというよりゴミだらけ(涙)
0509f94b.jpg

なんか釣れたぞ!と思うと
9d6c3664.jpg

うーーー、台風後の雨でゴミがいっぱい海に流れ出たのかな。

ま、そんな中でもなんとかセコセコとおかず分を釣り上げてましたが
120d6756.jpg


しかしそうこう言ってるうちの足元がえらいことになってきました。
全部スズメダイ(涙)
アジのタナまで針が届きません。
3d0e8c24.jpg



では沖目のサヨリを狙ってみましょうか。
ちょうど「魚ッ平(さかなっぺ)」がサヨリにも使えるか試したかったところですし。

9c3702cf.jpg


やっほー!
こちらもアジと同じくらいの数は釣れました。

さあ、まずは魚ッ平で鱗落とし。
3a25348c.jpg

アジよりも大きな鱗のサヨリですが、これはまったく問題ないです。
ギザギザの歯のほうがとりやすかったですが。

問題は皮剥ぎ。
70b758cc.jpg


アジが如何に皮を剥ぎやすい魚かがよくわかります。
サヨリは皮が硬くて薄いので、プチッと千切れまくります。
これは魚ッ平は向いてないですね。
79cd022e.jpg


とりあえず尻尾まで剥きましたが。

さてそして皮剥ぎよりも向いてないのが「身のそぎ落とし」

途中まで「お、これはいけるかな?」と思ったのですが、
身の真ん中あたりから、おなかの中身が全部後ろ方向に押し出されてしまいます。

食欲をそがれること甚だしいビジュアルでしたので写真はありません。

アジとサヨリは体の構造がかなり異なるのでしかたないかなーー。
今度はイワシで試してみましょう。



「これに行きたいの」
ある日ネットで見つけた家内にせがまれ夫婦2枚のチケットを購入。(息子は興味なし)
Fantasy on Ice in KOBE 2015、というフィギュアスケートのショーです。
なんでも神戸ポートアイランドのワールド記念ホールでの本格的なアイスショーは初めてなんだとか。

チケットを買った時は安藤美姫さん、鈴木明子さん、織田信成さんたちの出演が発表されている段階で、チケットにもまだ余裕があったのですが、その直後にソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手の出演も発表されチケットが一瞬で売り切れてました。

当日は雨(涙)。私の雨男ぶりは健在です。
fab1bfaf.jpg


そんな中でも人がごった返してますね。


出演者は、うーん、半分くらい知ってるかな?という程度の私です(汗)

会場内は写真やビデオの撮影禁止。
まあそうでしょうね。

ショーは競技会とは違い、リラックスした雰囲気の中で出演者の笑顔がとてもよい感じのものでした。
ロシアの皇帝と呼ばれるプルシェンコ選手の演技の重厚さは圧巻でした。
うーん、次回はもっと勉強してから行かないともったいないですね。

んで、こないだの週末、その神戸公演の模様がテレビ放送されまして
73dd9fd5.jpg


今回のショーの主役、羽生結弦選手の最後の挨拶シーンが流れる中

7af4e432.jpg

1人だけよそ見してる私(あかんがな)


800720c1.jpg


さて釣ったアジは新鮮なうちに堪能しましょう。
数が釣れた時こそ新兵器「魚ッ平(さかなっぺ)」が本領を発揮します。

3f3bf322.jpg

112尾の豆アジ小アジをぎゅんぎゅん捌いていきますよ。

45580bbb.jpg

これで約45分の所要時間でした。
コツは身を出来るだけ軽い力で骨からスッとはぎ取るように削ぐことと、内臓を包む腹膜を破らないように背鰭に近い部分から魚ッ平の刃を入れることですね。

生姜醤油、ワサビ醤油でワシワシ食べます。
美味い!めちゃ美味い~!
包丁できれいにおろすよりはやや身が荒れますが、身にほとんど手を触れずに速くさばけるメリットの方が大ですね。

満足したところで残りは酢漬けにしてみました。
1b26bf5e.jpg

丼に一列敷き詰めて塩を振り、重ねて二層目を並べてまた塩を繰り返し、最後に醸造酢をドボドボと注ぎます。

塩はやや強めがいいようですね。
数日は美味しく食べられるそうなので週末のアジュール舞子を楽しみにしながらビールのアテにします。

3aa0bdc7.jpg

フィッシングマックス垂水店のレポートでアジの群れが来ていると知り、
14:30-16:30の2時間だけ再びアジュール舞子へ!

西日が正面から照りつける中、さあどうだっ!?


おお、いますいますよ、いっぱいいます!!
アジ湧きまくり~
06284029.jpg

17:00には帰宅すると言って出かけたので残念ながらまだ釣れてるけど16:30に泣く泣く納竿~。

c1888d37.jpg


でも2時間で100尾超えたのでよしとしましょう!

来週からも楽しみなアジュール舞子です。

ec2e7995.jpg

ご無沙汰しております。
「海の日」恒例の豆アジサビキ釣り@アジュール舞子の日記です。
台風も去り、今日は晴れそうですね。

867a82e9.jpg

アジュール舞子は釣り客と海水浴客で朝5時から人がいっぱいです。
しかし、周りはあまり釣れてなさそうだぞ。

息子と一緒に釣りをするのも(というか、親父に付き合ってくれるのも)そろそろ終わりかな。
1fc5c85f.jpg


アジの群れも小さく今日の釣果はわずか10尾ほど。
あかんなあ。
619874a7.jpg


昨年の同じ日の記録を見ると74尾釣れてますね。
今年は水温が低く豆アジシーズンの始まりが遅かったのですがいまだに盛り上がりません。

さて、こないだ買った新兵器を使ってみましょう。
ab4699d3.jpg


本来豆アジの刺身はぺティナイフなどで行うのでしょうが、
私は悲しいかな「手がとてもぬくい」
刺身が煮魚になりそうなほどなので、下手な包丁捌きで豆アジを触っているとせっかくの新鮮な魚が痛んでしまうんですね。

e1b9c2f7.jpg

このスプーンの開きのようなギザギザ部分でまずは皮をはぎます。

b5e47a88.jpg

胸ビレの付け根あたりからこうつまんで、

d7a6079e.jpg

べりべりべりーーーっと引っ張ります。
(左手で写真を撮ったため右手しか使ってないようですが、実際は両手での作業です)

c3d374b8.jpg

で、次にスプーンを閉じたような状態で身をそぎ落とします。

コイツ、何がいいって、まな板が汚れない!
ハラワタも出さないので流しを汚さないんです!
13cba5f0.jpg



2440a596.jpg

これだけですが、ここまでの所要時間は約5分!
数が釣れた時はもっと重宝しそうです♪

↑このページのトップヘ