播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

2018年04月

毎年この季節は釣りブログの更新頻度が低下する方が多いですね。
私も3月4月は2ヶ月で合計4回しか更新できていないという体たらく。

中には釣行記更新の頻度は多少低下しても持ちネタの魚料理のレシピ公開などでガンガン書き続けられる方もいらっしゃいますが、通常は1年で最も海水温が低下するこの時期は釣行回数も減りますし、釣りに行くことは行っていても「今日の釣りはなかったことに」としてしまいがちなんですね。
要するに書いていて楽しくないわけです(汗)

またこの春の私は上記に加え職場異動も発生したため送別会やら新任挨拶回りやらでドタバタしていて休日もろくに釣りにも行けず。


4月第2週は宮城県仙台市に出張。
私のこれまでの本州北限は福島県でしたので初の仙台入りです。
金曜ヨレヨレで神戸に戻ってくる状態で釣竿も持っていけなかったのが残念でした。

家内:
普通は出張に釣り竿を持って行かないでしょ?

私:
いや、いらっしゃいますよ。
出釣(しゅっちょう)とかおっしゃってますが。
まあ仕事を終えて帰路に着く電車を遅らせて、現地のおいしい物を自腹で食べてくるのとやってる事は一緒だから何も問題はないと思いますが、いつもタフだなあと感心してます。

さて仙台空港は海のすぐそばにあります。
東日本大震災の津波にて壊滅的な被害を受けました。
↓現在の仙台空港↓
8a171b6e.jpg


↓ほぼ同じ位置からの震災当日の画像↓
808ac83a.jpg


がんばれ東北。

空港の近くはまだまだ広大な荒地が広がっています。
9faceecd.jpg

阪神淡路大震災の7年後よりも復興が遅いです。
それだけ津波で被害を受けた地域の面積が広かったということでしょうね。
がんばれ東北。

ただ仙台の中心部はきれいでしたね。
d07c2764.jpg

駅前の青葉通り。4月22日(日)にはこの先をフィギュアスケートの羽生結弦選手が金メダル祝賀凱旋パレードを行うとか。

その先を流れるのは広瀬川、川の向こうに見える杜は青葉城(正式名称は仙台城)。
07e7296c.jpg

このとき私の頭には頭の中には「さとう宗幸」の歌が流れまくってます。

広瀬川は津波による汚泥などの影響で2011年初夏の天然遡上は無かったものの漁協の努力で今は東北有数の大型鮎が釣れる川に復活したそうです。
いつかここでも鮎を釣ってみたいなー。


その翌週4月第3週は九州・中国地方をバタバタと。
博多から長崎に向かう車窓から見える有明海がきれいでした。
a3d2e52b.jpg

あー、釣竿持って干潟でのんびりしたいなー。

そしてこの金曜は日帰りで富山県高岡市へ。
寒ブリで有名な氷見市の東隣の町ですね。
3965074d.jpg

昼食のお寿司が大層おいしゅうございました。


さてそんなこんなでやっと迎えた天気のよい週末!
今シーズン初のキスを狙って須磨海岸へGo!Go!

4月21日(土) 小潮 須磨 千守突堤 西側先端寄り
02dc1137.jpg

うんうん、先日までよりも太陽光の力が強くなってますよ。
これから防寒対策より熱中症対策が重要ですね。

あ、到着前に石ゴカイを買いに寄った須磨駅近くの吉川釣具店で、ご主人から
「これから鮎やタコや豆アジやと忙しくなりますなあ」
とお声掛けいただきました。
ここを読んでいただけているんですね。ありがとうございます

またその際に
「今朝はたぶんご存知の方が何人かキス狙いに入られてますよ」
とも。
あの人かなこの人かな、と思いながら釣り開始。
090ca616.jpg

突堤一番先っぽはエビ撒き釣りの方が先に入られていたので、少し手前から黄色の杭近くやら手前やらあれこれ探りましょっと。

しかし釣れるのはヒトデ、アオサ、そしてこのお方。
289a876b.jpg


うーん、今日の千守はキスの気配が無いですね。
2時間ほど粘って場所を須磨浦漁港方面に移動~。

あ、キスを狙うbtさんがいらっしゃいました
3ce5d438.jpg


挨拶して横に入らせてもらい、雑談しながらあっちこっちへ投げてみますがモゾモゾする小さなテンコチかハゼのアタリだけですね。
私は競技用キス針6号に石ゴカイでしたが、まだ針が大きいのかな。
acfd0d37.jpg


残念、今日も狙いのキスはボ○ズでした。
私は午後家内と出かける予定があり午前11時に撤収。

戻る途中海水浴場を見ると砂浜にフェンスが張られ始めています。
あー、そういや今年からここで潮干狩り体験イベントが始まるのでしたね。
293732a3.jpg

ただ今年は大阪湾、播磨灘で貝毒が発生しているため自分で掘った貝は持ち帰れないのだとか。
これに中学生以上1,600円、3歳~小学生800円はどうでしょうかね。
ee565c15.jpg

野生のアサリを掘るのは豆アジのサビキ釣りと同じような面白さ、すなわち潮と地形からその日の鉱脈を探り当てるという妙味があるのですが、それも無く、掘ったアサリも安全のため持ち帰れない(安全なアサリと交換)というのは受けそうに無いですね。

それよりも海開き前の投げ釣り可能期間に砂浜を塞がれるのが私にはつらいです。
ま、須磨の海を盛り上げて例年よりも人を集めようとする努力としては評価しましょう。

家内:
 評価するだけ?

私:
 いや、たぶん話のネタに潮干狩りに行きます(笑)


その後帰宅した土曜の夜、確認するとbtさんがしっかり30cmのアイナメを釣ってらっしゃいました。さすがですね。
また吉川釣具店のブログによると、寝屋川の原田さんたちが今年のファーストキスを釣り上げられた模様。
うーん、やられました。

ま、これで私は5月後半の豆アジと鮎に集中しますよ!
もちろん6月にはタコも。

さあ、忙しくなりますよ~!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

4月ですねー。
今週初めの4月2日(月)、4年振りの人事異動により人間関係と仕事内容がガラリと変わりました。
会う人会う人皆さん初めましての挨拶ばかりというのはなかなか疲れますね。

でも前の職場にはなぜかいなかった「釣り好きの人」が今回は近くの席にいらっしゃってランチタイムなどに釣りの話ができるのはありがたいです。

Yさん:
先週土曜は三重県の英虞湾のイカダでチヌを狙ってきましたよ。

私:
最後の8文字で釣果が分かりますね。

Yさん:
ははは、この季節は日本海にも瀬戸内海も西風が強いけど、三重県は大掛かりな風裏で釣りができるのでありがたいんですよ。

私:
何時頃出発されてます?

Yさん:
2時頃ですねえ。

N部長(釣りをしない人):
2時に出て三重まで行くという事は夜釣りなの?

Yさんと私:
いやいやいや、朝の2時出発で早朝から釣るんですよ。

釣りをしない部長:
え?金曜帰宅してから夜中の2時出発って寝る時間がないんじゃ。

Yさん:
ええ、風呂だけ入ってそのまま現地に移動して仮眠を取ったりしますね。

私:
でも目が冴えて寝られなかったりとか。

Yさん:
はい、その日も結局一睡もせずイカダに乗りましたわ。

釣りをしない部長:
すごいなあ、でもそれが苦にならないほど釣れるんだね。

Yさん:
いやいや、土曜は予想通りボーズでしたよ。
でもこの季節に釣りができるだけで嬉しいんです。
アホですなあ。

私:
うん、アホですなあ。

この会話でYさんとはもう心が通じ合いましたね。


そんな私もカレイを狙って早朝のアジュール舞子へ。
だんだん日の出が早くなってきました。
5caa147e.jpg


でも釣れない。
まあいいんです、海を見てるだけで~。
アホですなあ
b55ae8fa.jpg


うーん、しかし私だけじゃなくて周りも釣れていないですね。
釣具屋さんの釣果情報だと結構いい型のカレイが上がってるようなんだけどなあ。
納竿して余った餌のマムシを「少しですけどよろしければ」と隣の投げ釣り師にお譲りしようとしても「いやー、うちも餌が余ってるんですわ」と断られる始末です。
まだ水温が低いのかなあ。

帰宅したらあれこれ買ったもので初夏の釣りの準備をしておきましょう。
まずは今年も須磨海岸で最初の豆アジ釣り上げを達成するためのサビキ仕掛け自作ですよ。
0a08e03b.jpg


昨年は小アジ針の0.3号にフロロカーボン1.0号のハリスを結びましたがその際に気になったのがシーズン極初期の超豆アジでの釣り落とし。
小アジ針のフトコロが広く、軸も太いのが原因と推測。

小アジ針:
8a053e77.jpg


シーズン極初期の超豆アジ(体長4cm~5cm)では上の絵の0.3号でもアジの口には入りにいのですよ。
そこでフトコロが小アジ針よりも狭い秋田狐を試してみようと。

秋田狐:
8a7b1ae0.jpg


しかしまあ、悲しいことに年々小さなものを扱う細かい作業が難しくなってますね。
ハズキルーペなんかを試してみようかな。

58caa896.jpg

0.6号のハリスで秋田狐1.0号を20本結びました。
これで6本針仕掛けを3セット作っておきましょう。
比較用に手前に置いた針は流線9号です。
豆アジ用がいかに小さいかお分かりいただけるでしょうか。

次は鮎の友釣りの解禁(兵庫の揖保川は5月26日)に向けた鮎釣り道具のお買い物の締めくくり。
友カンと鮎タビですー。
20リットルが一杯になるといいなー

鮎タビはエクセルの特価品4,700円のフエルトスパイク先割れタイプを購入。


家内:あれ?ダイワで揃えないの?

私:ダイワのロゴ入りを買っても水の中に浸かって周りの人からは見えないからこれでいいの!


さてこれで身に着けるものは一通り揃いましたよ~。
フル装備でまた写真を撮っておきましょっと。
dc4acb84.jpg

あー、早く川に入りたいなー。

この「フィールドテスター」の文字をどう隠すかという問題は残ったままですが。
296b767c.jpg



しかしなんだかんだでお金がかかる釣りですね、鮎って。

この竿↓なんて3万円とか2万8千円とか、鮎竿にしてはめっちゃ安いやん!と思ったら、
caa98728.jpg


竿じゃなくて交換用の穂先の値段ってちょっとアンタ(涙)
786748ae.jpg



また、鮎って仕掛けも高いんですね。
水中糸(道糸)が太いとオトリ鮎のコントロールが難しいが、細いと切れやすくなる。
細いけど切れにくい糸は高い、というお決まりのパターンですね。
なんですか0.07号のメタル複合糸、13mで3,000円とかって(涙)

これは老後が心配になってきましたよ。

で、この本を購入↓ これで安心です。
e6149381.jpg


家内:
本を買っただけで安心しちゃダメでしょ

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

↑このページのトップヘ