播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

2018年07月

ここのところタコだ鮎だ地震だ大雨だとアワアワしているうちにもう梅雨が明けてしまいました。
その中でも前回豆アジを釣りに行ったのがもう1ヶ月以上前という体たらく。

現在までの豆アジの釣果はというと!
2018年 豆アジカウンター (豆アジ目標 2018匹)
 5/26   6匹
 6/01  21匹
 6/02  13匹
 6/09   3匹
----------------------
 計    43匹

 残   1,975匹

全然あきませんがな!

アジのサイズが10cmを超えたらサビキ釣りのシーズンは終わり、と言っている私。
これは急がなきゃ。

という訳で7月21日(土)の朝は約40日ぶりの須磨千守突堤へ。

突堤に入る前にサビキ仕掛けとアミかごを買いに寄った吉川釣具店ではご主人から
ノルマ達成までまだまだかかりそうですなぁ
とのコメントをいただいたり(汗)

4d6580f0.jpg


学校も夏休みに入ったのでファミリーが多いかと思いましたがそんなに混んでませんね。今日も暑い日になりそうなので皆さん外出は控えてらっしゃるのでしょう。
(千守の守護神:あおちゃんは今朝もいらっしゃいましたが)


さて今日の目的は豆アジ釣りももちろんですが、フィッシングマックスの新製品
は本当にECOなのか?の確認です。
687e0fca.jpg


通常のアミエビの包装は中身を使い終わったらただのゴミ、それも臭うプラスチックゴミとなるのですが、これは開封部分がジップロックのようなチャックになっておりまして、空になった袋を活用できるというのが売りなのです。

セールストークによると
釣りが終わった後もECOバケツを活用しよう!
(1)使い終わった後は、空のECOバケツを海水で洗います。
(2)ECOバケツに釣った魚を入れて、しっかりチャックを閉めます。
(3)氷を入れたクーラーボックスにECOバケツを入れてお持ち帰りください。
クーラー内の汚れを防げるのでお手入れがラクラク♪
とのことですが、ここで前日twitterでサビキ好きな方々の間で話題になっていたのが、
・アミエビが空になった後、パッケージの内側を海水で洗ったからといってアミエビの臭いはそう簡単には落ちない。
・そこに釣ったアジなどの魚を入れて持ち帰ると魚にアミエビ臭が移るではないか。
という不安。

私もまったく同感なのですが、金曜の「四季の釣り」ではマックスのスタッフが自信たっぷりに宣伝してましたのも気になります。

もちろん釣り場に捨てられるゴミで特に夏場に気になるのがアミエビが入っていたパッケージだというのも確かであり、それを活用できるようにして釣り場に捨てられるのを減らそうというマックスの企業努力は高く評価します。

しかも気に入ったのはその開封部分。
f944dfef.jpg


普通ちぎりとってしまう開封部分は端っこでそれ以上ちぎれなくなります。
この細い部分ですらゴミにしないように、という配慮は他のアミエビ製品では見たことが無いですね。
フィッシングマックス、あっぱれです。


では試しますよ。
まずは豆アジを寄せるためにアミエビだけを撒いてみましょう。
ふむふむ、活性が高いのかワラワラ寄ってきますね。
アミエビの集魚効果は他の製品と遜色ないといってよいでしょう。

暑くなるまでの1時間ほどの釣りではありましたが
089855cb.jpg


小さなセイゴや小さなサゴシ、チャリコに豆サバも来ますがもちろん豆アジもパカパカ釣れますよー。(豆アジ以外は全てリリースですが)
361de20b.jpg


うんうん、やっと私が期待する豆アジシーズンが来た感じがしますね。
気持ちいいー!
豆アジのサイズは9cm~10cm。
まだまだ南蛮漬けで美味しいサイズですよ。
76c50940.jpg



さて1.6kgのアミエビを使い切りましたので、ここでいよいよパッケージの内側を海水で洗って匂いを確認しますよ。

まず海水を注いでチャックを閉じ、上下左右に振って内側を洗う。
⇒この状態ではまだアミエビ臭が残りますね。

次に海水を汲んだバケツに漬けてパッケージの内側を手でこすって洗う。
 ↓
0c9beacb.jpg



するとどうでしょう。全然臭わないのです。
2afed900.jpg


これなら魚を入れて持って帰っても大丈夫です。
これはきっとこのパッケージ内側の表面処理が優れものなのでしょうね。

仮に魚を入れて持って帰らなくても、釣りで使った仕掛けや道具(魚掴みやアミエビスプーンなど)を持ち帰るのに使えば密封できるので外まで臭わず、水漏れ液漏れもない、というメリットがあります。
(コンビニのレジ袋などだとよく穴が開き、固結びするとほどきにくい。)

最大のデメリットはその価格。
 ノーマル1.6kgで税込み972円、集魚剤アジMAX配合品は税込み1,166円は割高感がします。
通常のアミエビレンガは900gで300円くらいですから。

釣りを終えて豆アジをパッケージに入れて、吉川釣具店に釣果報告をしてから持ち帰った豆アジはちょうど100匹。
922820e2.jpg


この状態でも臭いませんよー。
さ、揚ーげよっと!

おっと、現在までの豆アジの釣果はというと!
2018年 豆アジカウンター (豆アジ目標 2018匹)
 5/26   6匹
 6/01  21匹
 6/02  13匹
 6/09   3匹
 7/21  100匹
----------------------
 計    143匹

 残   1,875匹


あーん、まだまだでんがな(涙)

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

7月14日(土)
さあいよいよ私の鮎の友釣り初挑戦の日がやってきましたよー。

起床は朝5時
カメラマン兼、荷物運び助手の息子を起こしプリウスは一路龍野へ向かいます。

弟やすべーとは龍野で合流し、実家で鮎釣り装束に着替えてオトリ屋さんにテクテクと。
9d92321f.jpg

オトリ屋さんはヒガシマル醤油本社の少し北にあるエビ理容さん。
この看板、いいですねー。
弟の話では現在は理容室の営業はおやめになったそうですがオトリ鮎のセルフ販売は続けてらっしゃるのだとか。

さて讃岐うどんでもセルフのお店は初心者にはハードルが高いのですが、今日はお店におなじみの弟がいてくれてるので心強いです
ではどういう購入の仕方をするのか、じっくり見せてもらいましょう。

e364bfc3.jpg

半分地下に潜るような直射日光を避けた場所にイケスがありました。
イケスの周りには大小のバケツとオトリ鮎をすくうための網が数本置いてあります。

上からイケスを覗いてみますと
806113c6.jpg

私の興味は水中の鮎を上から見るとどんな色に見えるのか、でした。
なるほど灰褐色なのですね。ふむふむ勉強勉強。

置いてあるバケツでイケスから水を汲んでオトリカンへ。(by弟やすべー)
aff3bda0.jpg


今年の揖保川オトリ鮎の価格は税込み1匹620円。(年によって変動します)
2匹ずつ購入するか3匹ずつ購入するかを弟と相談した結果、今日は2匹ずつ、2人で4匹にしておこうと決定。
e2510002.jpg


女将さんも気配を感じたのか降りてこられて弟と談笑。

女将さん:
 えー?今日、鮎釣りに行ってんですか?

わはは、オトリ鮎を売ってらっしゃるお店の女将さんをしてその発言(笑)
それほど釣れなさそうな日なのでしょうね。

今日は川の西側で釣るのでまた旭橋を西に渡りますが、その橋の上から見た今日の揖保川。
4a161293.jpg

うーん、やはりまだまだ濁ってますね。
弟とじっくり目を凝らしますが鮎の気配がありません。
5a6eb0c9.jpg


まあ、今日は雰囲気を味わえればいいさと気持ちを切り替えポイントに到着。
揖保川ライブカメラのほとんど真下に荷物を置いてスタートです。

4f1e4459.jpg


この時点での不安:
揖保川のヒガシマル前、という優良ポイント
通常7月の3連休初日、というと全国から鮎釣り師が集結するはずが
我々以外の釣り人:ゼロ
わはは。


しっかし暑いですねーー、この時点午前8時で気温は30度を超えています。
水分補給を怠らないようにしなきゃ。

オトリカンから引船にオトリ鮎を移すのは弟やすべーに任せます。
629a7cec.jpg


ここでせっかく買ったばかりの活きの良いオトリ鮎を逃がしてしまうのが
鮎の友釣りあるある
の上位なのだとか。
手際が良い人の手つきを見慣れるとこんなの簡単だと誤解してしまうのでしょうね。

しかしこの時点で弟やすべーは
うーん、砂利ばっかりやなぁ
と。

おそらく先般の豪雨で上流から土砂が流されて、岩の間も砂利でこすられてしまって縄張り形成どころではないわな、ということなのでしょうかね?
(初めての私にはよく分かってませんが一生懸命考えた)

瀬から深みに入るあたりを攻めるやすべーに対し、私は瀬の向こう側を攻めてみようかな、とか、でも正直鮎のポイント、さっぱり分からんしー。とか思いながらなんとか仕掛けをセットしてみますよーーー。

しかしこれがまた難しい!
使った仕掛けは竿先に結ぶところからハリスギリギリまでをセットにしたダイワのもの。
f1472ce6.jpg


水中糸(水の中に漬かる部分)、ま、道糸ですがそれはナイロン0.2号
普段海でフロロカーボン1.5号とか、タコ釣りでPE2号とか使ってる私にはほとんど
蜘蛛の糸ですがな。
こんなん掛かった鮎を水流に逆らって寄せてくるとあっさり切れるんじゃ?とか、もうこのあたりで疑念湧きまくり。

なんとかその疑念を抑えてくれるのはそのネーミング
スペクトロン鮎 制覇XP
うんうん、よく分からんが心強いぞ(笑)

そして初めての鼻カン通し(汗)
a2202fd2.jpg

うひー、鮎ってこんなに反抗するの?という暴れ方に驚きながらなんとか鼻カンを通し終えて釣り開始ーーーー

da68ef13.jpg


うーむ

b356f50c.jpg

泳がせ釣りというのはこんなのかな?(さっぱり分かってませんが)


そして今日の持ち帰りは
713f9fb7.jpg


家内:
 すごいじゃない!4匹も!


これは弟の分ももらって持ち帰った4匹のオトリ鮎じゃー
(釣りは兄弟揃ってボ○ズ)

ま、今日はしょうがないわな、ということで(汗)
これは絶対リベンジに行かなきゃ行けませんね。年券も買ってることだし。

0ecaea8f.jpg

ま、楽しかったからいいや!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

先週からの豪雨で開催が遅れに遅れていた第100回記念大会の夏の甲子園:兵庫県の予選もやっと11日から始まりました。

梅雨も明けてもう盛夏と言っていいでしょう。

こちら兵庫県では高校数が結構多い割に夏の甲子園代表校は1校だけ、というのは悲しいなと子供の頃からずっと不満に思っていましたが、20年前の第80回大会からは10年毎の記念大会にて「東兵庫代表」と「西兵庫代表」の2校が出場できるようになっています。(他にも埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪も2代表枠に)

そういえばその区分けで「東兵庫」と「西兵庫」の境目はどうなってるんだろうと思って調べてみましたよ。(←境目の調査、好きなんですわ

東兵庫
 神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市、川西市、伊丹市、尼崎市、猪名川町
の高校

西兵庫
 その他の市町の地域の高校

地理的な枠組みとは必ずしも一致せず、例えば神戸市よりも東に位置する三田市や篠山市は「西兵庫」となってしまうのですね。

でも三田や篠山は絶対「西兵庫」ではないわなあ。ははは。

そしてその西兵庫大会の1回戦の第一試合は

龍野高校(私の母校) vs 龍野北高校(父の母校)

なんでこんなちっこい市の2校が大会初戦でぶつかり合うかなー!?
(結果は1対0で龍野高校の勝利)
その後今日13日には龍野高校は加古川東高校に5-1で敗れて短い夏が終わりました。


さて、その龍野というところ。
平成の大合併でご多分に漏れず周辺の町と一緒になって市の名前がひらがなの「たつの市」になってしまいましたが、昔の「龍野」という地名の字面の方が良かったですね。でももう戻らないでしょうね。残念

童謡「赤とんぼ」の作詞者:三木露風氏生誕の場所であり、播州素麺「揖保乃糸」や、薄口醤油の「ヒガシマル」などが多少有名でしょうか。


その龍野の真ん中を南北に流れるのが
揖保川
です

明日7月14日(土)はその揖保川の有名ポイント「ヒガシマル前」で弟「やすべー」の指導を受けながらの鮎の友釣りデビューの日なのですよ。

この揖保川は最近は大鮎が釣れることで人気があるようで、ダイワ主催の「鮎マスターズ2018 関西大会」の会場にもなっています。またシマノのジャパンカップの会場でもあり。
ということは、腕の差が釣果の差にに現れやすい難しい川なのでしょうね。


ただ、先般の豪雨の影響で7月15日の予定だったダイワの関西大会は20日に延期。
f026af1c.jpg


日曜開催から金曜開催に変更になるとつらい出場者も多いでしょうけれど、安全面の配慮と今開催しても多分優勝者の釣果が1匹、ボウズの人たち多数で西日本大会(セミファイナル)への進出はジャンケンで決めることになったりするのを避けたのでしょう。

家内:
ねえ、ホントに14日の土曜日に行くの?
どこを見ても釣れてないようだし、水も濁ってるようよ?


いいじゃないか、昔から憧れていた鮎釣り師の真似事をして気分だけでも味わいたいんだよー。
遊漁券はすでに舞い上がって「年券」を買ってしまってるし。


また今回行こうとしているポイント「龍野のヒガシマル前」は揖保川の鮎ポイントとしてはかなり下流にあたるので濁りも多少はましなんじゃないかなと。

龍野ヒガシマル前の7/13(金)の濁り↓
e5758e46.jpg

うーん、清流、というにはちょっと残念な濁りですかね。


でもダイワ鮎マスターズ会場は「山崎第二」のあたりだからねー。
ヒガシマル前から15kmほど離れてるし多少は違うでしょう。
山崎第二の現在の映像↓
4bf906d4.jpg


05b5082e.jpg


ま、サイズは小さくてもいいから
ぜひ1匹を釣りたいな! と。
がんばってきまーす!


明日14日、このライブカメラで映るあたりで釣る予定ですので
もしお暇なら見てやってくださいな(笑)


しかしダイワさん。。
もうええ加減この川の位置の間違いを直そうよー。
「関西地区(兵庫・揖保川)」という文字から伸びてるのは和歌山の有田川やっちゅうねんw
f965e55c.jpg


(ま、これを見て和歌山の揖保川を目指す人はいないとは思いますが)

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

毎週木曜は私が楽しみにしている釣り番組のひとつ
の放送日です。

この季節は船でのタコ釣りや鮎の友釣りなど、私が見たい釣りを放送してくれることが増えて嬉しいです。

その7月5日(木)は明石浦を出船する丸松乗合船での船タコ釣り放送の回。
ゲストは昨年に続き和田ゲルゲさんと永田まりさんです。
そうそう、昨年はこの丸松乗合船に乗った際にこの和田ゲルゲさんが隣に座られいろいろご指導をいただき、ついでにエギにサインまでいただいた事を思い出しました。
1cbc442d.jpg


まあその時の私は船でのタコ釣り2回目という初心者でしたので指導内容は誘い方やフッキングの方法といったコツではなく、もっと基本的な底の取り方、糸の適切な出し方という内容でしたが。ははは。

さてこの日の放送は私もよく見慣れた明石沖でエギをゆすっての夏タコ釣り。
54f1fc85.jpg

和田さんが使ってらっしゃるロッドは、自ら監修されたハリミツのエギ蛸Light190。
私もこの竿を愛用していますが、和田さんが使ってらっしゃる変態的な色(ライムグリーン)でもなく、永田まりさんが使ってらっしゃる更に変態的な色(ラッキーピンク)でもない極めてまともな色(セクシーバイオレット)です。

あ、そういえば明石釣原人さんがラッキーピンクを買ったとおっしゃってましたっけ。やっぱ変態だ(笑)

この放送の回の見所はオール阪神さんから
「先週はやっさんが釣果の鮎を塩焼きにして持ってきてくれたけど、今週タコ料理は持ってきてくれてないの?」
と催促された永田まりさんが出してこられた
b414bf57.jpg

まさかの冷凍タコジップロック入り(爆笑)
実家に帰省する際のお土産やないねんから、もうちょいなんちゅうか、お刺身とかタコ飯にしてからとか。わはははは。

しかし結構いいサイズのが入ってましたね。合計2kgくらいでしょうか。


さて一夜明けた7月6日(金)。

今週ずっと降り続く大雨の影響で、私が通勤に使っているJR神戸線は快速電車も新快速電車も朝から運転を見合わせ、大阪環状線も30分に1本程度の間引き運転だというニュースを見てこの朝乗ったのはJR東西線 西明石発京橋行きの普通電車。

本数は普段の1/3程度との事で乗車率は当然ながら通常の3倍くらいです。
混雑度合いを写真に撮る余裕もありませんでした。
もう途中の駅からはドアが開いてもホームの客は乗り込めない、奥の乗客は降りられないという超すし詰め状態で会社についた時点でヘトヘトになった金曜日でした。

これはまた混雑が予想される帰宅ラッシュ時刻に同じルートを変える体力は無いぞと来週に回せる仕事は先送り、週末自宅でできる仕事は持ち帰りにして昼過ぎに会社を早退したのでした。

JR京橋駅から再び東西線西明石行きに乗り、三宮を過ぎ、元町駅に着き、これはなんとか垂水まで帰れそうだと思ったところで雨の音が屋根を叩くような激しいものに変わってきました。

車内アナウンス:
・大雨のため発車を見合わせています。
 少々お待ちください。

ん?なんかやな予感。

5分後
・大雨の影響でこの電車は行き先を変更し「神戸駅止まり」とさせていただきます。

あちゃあ、と思ってすぐにホームに降りて阪神電車の元町駅に移動します。
阪神電車の特急でそのまま山陽電車に接続して垂水を目指そ!

そしたら今度はその山陽特急が東須磨駅で突然停車。
アナウンス
 「須磨浦公園と塩屋駅の間で土砂が流入したため、この電車は当駅止まりとさせていただきます」

どっしぇーーー。
家内に車で迎えに来てもらってなんとか帰宅できたもののもうヨレヨレ。

落ち着いてから調べてみると
発生現場:
b0a66e73.jpg

須磨海づり公園と平磯海づり公園の間、
まさに播磨と摂津の境目部分です。

土砂流入画像を見てまたびっくり。
0e90d47b.jpg


これって土砂流入というより土砂崩れそのものですやん(涙)
1060d9b5.jpg


これは復旧に時間がかかりますね。
雨がやまない限り上から上からどんどん土砂が流れてくるでしょうし。


この度の大雨で被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

しかしホントここんとこ地震といい大雨といいおかしな天災が続きますね。
もうかんべんして(涙)

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

a6880a7c.jpg


4月1日の人事異動からあわあわと3ヶ月を過ごしているうちに、なんともう7月になってしまったではないですか。

家内:
そりゃ4月から3ヶ月経てば7月になるでしょ。


ま、それはさておき、7月に入ると明石沖の海がタコ釣りの遊漁船で大変にぎやかになってきます。
どこの釣り船も土日祝日は数ヶ月前から予約で満員御礼となってくるこの季節、釣り番組もタコ釣りが多くなりますね。

先週6月26日(火)のサンテレビ「トラトラフィッシング」でも関本さんが楽しそうに釣ってらっしゃいました。
a33766cf.jpg

(今年はがんばって釣ったタコを自分で外しておられたのでまたこの番組を応援しましょっとw)

それを見ていると
ん?
3aeed0fb.jpg

関本さんの向こう側に見え隠れするお二人に見覚えがありますよ!
 黄色のレインウェア:私のブログ友で釣り師匠のなばさん
 赤のレインウェア :明石のタコ釣りと言えばこのお方 明石釣原人さん
ではありませんか。ぎゃはは。

しかもこの放送、2週連続の前編だそうで、今日7月3日(火)に後編が放送されます。楽しみ~。
あ、木曜のビッグフィッシングでは和田ゲルゲさんと永田まりさんが丸松乗合船ですよ。こちらもお見逃し無く。


さて7月1日はその明石釣原人さん主催の個人杯タコ釣り大会
第12回 明石釣原人杯 タコカップ
 @つり船 高砂屋

なばさんにお誘いいただき私が初めて参加したのが昨年7月の第10回@阪本丸。

その時は自己最多の43杯を釣ったものの13人中13位という成績に終わりました。
ちなみにその時の優勝は塾長の126杯、準優勝はなばさんとtakaさん同数の107杯という変態的な記録(汗)

よーし、今年の目標は大きく、
最下位からの脱出です!

家内:それはそれは大きな目標ね。


タコカップ、それは和やかで笑いの絶えない雰囲気の中でのタコ釣り真剣勝負。
その戦いに備え、準備を進めるのも楽しいですね。
まずは竿の検討です。
従来はハリミツのエギ蛸Lightという、和田ゲルゲさん監修の長さ190cmで竿先がやや柔らかめというものを使っておりました。

ただなかなか私の釣果が伸びないのは、このやや長め柔らかめの竿がエギやスッテのアクションを吸収してしまって誘いが弱く当たりも見逃しやすくなっているのではないかと推測したわけです。

そこで見つけたのがこちら
3735d58f.jpg

【アズーロ】ブルーマーレ ソリッド蛸 120
長さ120cmの短くて硬い竿です。



並べた左がアズーロ ソリッド蛸120、右が蛸エギLight190。
持った軽さは半分以下ですね。で、短い分もあってガチガチの感触です。
今回はこれでスタートしてみましょう。

仕掛けは私の最近の定番「デビルクラッカー」
cf9f6403.jpg


それに蛸墨族のエギ「伊丹レッド」と「スイカカラー」の組合せ。
00d59d4d.jpg


あとパルパルスッテとタコノックも用意しておきましょっと。


さあ当日朝。ご近所なばさんにお迎えいただき高砂に向けて出発です。
(なばさんいつもありがとうございます)

夜明けの道を西に向かいながらあれこれ師匠のお話をお聞きするのも修行ですよ。

なばさん:
 もとさんの今日のクーラーボックス、大きいですね。
 30リットルですか?

ははは、夢は大きく最下位脱出ですからっ(汗)


午前5時前に「釣具の高砂屋」さんに到着。
a3592e6a.jpg


タコ釣りやタイラバ仕掛けも自作されて販売、更には最近釣り船も始められたそうですね。そのエネルギー、すごいなあ。

56a15e75.jpg

集合場所には時間前に既に多くの出場者がお待ちでした。
早い人は数時間前に到着されてたとか。ははは、皆さん落ち着きましょうよ。

船は新しくて気持ちいいです。
d8a2afab.jpg


6時前に気持ちよく出船。

ははは、やはりこうしてみると私の竿はひときわ短いw
高砂屋船長からも
「その竿、自作ですか?」
と聞かれて冷や汗。

そしてポイントに到着しいよいよタコ釣りの開始です。
仕掛けはまずはデビルクラッカーに50号オモリで始めましょっと。
水深は最初は15~16mあたりから。

しかーーし、開始1時間ほど経っても沈黙する私の短い竿。。。
右舷ではtakaさんが素早いスタートダッシュでもう4杯上げている、とか、タネやんの奥さんが5杯、とか今回がタコ釣り初めてとおっしゃる信竿さんが早々と数杯掛けられたり、と素鰤’sのジギンガーさんたちがそのテクニックを発揮されまくってます。

左舷の私、原人さん、はるいちばんさん
「あれーーー?タコいますー?」

でもやはり全体的に渋い調子のためか船は深場へ移動。

船長:
 金曜夜中の豪雨のせいで真水が回ってますね。
 今日はやはり厳しいかも。

うんうん、そうでしょうねえ、と分かったような顔をして頷く私(汗)

bbff793d.jpg

深場に来ると他の遊漁船がいっぱいです。

深いほうがオマツリもしやすいですが海底の塩分濃度が安定するんでしょうね。

左隣のなばさんもさすがの腕前。
エンジンも掛かってきたのか順調に釣り上げてらっしゃいますが私の竿は沈黙しっぱなし。

原人さん、はるいちばんさんも釣り上げられ始め、この時点でのボーズはおそらく船内で私一人だけ。
うげげ、これは困ったぞ。

確か過去11回のタコカップの歴史において
ボーズに終わった人はいなかったはず。
いよいよヘッポコスッポコ「もと」が歴史に名前を残す日が来たかっ!
(いや、それはマジでイヤ)


よーし、ではここで私は短竿をあきらめいつものエギ蛸Lightに変更しましょっと。
短竿はまたもっと蛸の活性が高いときに試してみましょう。
ついでにワカメがよく引っかかってくるようになったので仕掛けもデビルクラッカーからパルパルスッテに変更です。

うんうん、いつもの竿はやはり底の様子やスッテの動きも分かりやすいね、と思っていると

ムニ

お?来たかな?
少々シェイクしてから2秒待ってテンションを掛けてみると
ムニュゥウー
っとした確かな重みが。


これこれ、これですよ。
ここからがっちりアワセてバラさないように一定の速度で海底から巻き上げる。

水面近くに上がってきてジワッと見えてくるアズキ色の塊。

これぞ船タコ釣りの醍醐味ですね。

そして、よいしょ!っと抜き上げたやっとこさの今日1杯目がこいつ。


ふー、ボーズ逃れで一安心。

その後気温はどんどん上がる中、タコもポチポチと上がってきます。
パルパルスッテへの変更が良かったようですね。
b6a84d02.jpg


向こうのなばさんはやはり上手ですねー。。
6ef3b77f.jpg


楽しそうに笑い周りの方との会話も楽しみながらいい型のタコをポンポン釣ってらっしゃいます。

私はまたパルパルスッテで3杯目。


ミヨシ方向は明石釣原人さん、はるいちばんさん、kuroさん。
64b8189b.jpg


真夏の空の下、気心知れた人たちと好きな釣りをする。
あー、気持ちええなああ


お、そうそう、ワカメ地帯も脱出したようなのでここで仕掛けを蛸墨族のエギに変えてみますよ。

お、なんか掛かった!と思ったら
296cb7e8.jpg

カレイの置き竿釣りやないっちゅうねん(汗)

その直後、伊丹レッドのエギで今日イチの750gを釣り上げて
d039e407.jpg


デビルクラッカーでも追加して最終結果は
da93bb51.jpg

6杯で10位!
という微妙な最下位脱出でフィニッシュでした。


なばさん:
 もとさん、また塾長にしばかれますね。(ニヤリ)

ぎゃーー、勘弁してーーー

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

↑このページのトップヘ