播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

2019年06月

16フィニッシュ

自己最多の519匹を釣り、今年の目標10cm未満の豆アジ2019匹まであと残り291匹まで迫ったのは6/22(土)のこと。

さあ、この勢いで一気にゴールを切りますよ。

いやー、しかし前日よく519匹を釣っておいたものだと思います。

と言いますのは、6/22(土)現在で、

1)ノーカウントとする体長10cm以上の小アジの比率が日を追うごとに高くなっている。

2)ツバスが漁港の中までたくさん入りこんでくるほど異常に湧いており、豆アジは逃げ回るわ、針に掛かった豆アジを齧ってくるわで大変釣りにくい状態。

3)6/27(木)頃から関西も梅雨入りの見込み。
という状態だからなのです。

1)は前週10匹に1匹程度だった10cm以上の小アジの比率が、6/22(土)には4匹に1匹程度にまで上がってきております。
3)は遅れていた梅雨前線の北上がやっと四国本州に近づきますので次の週末はジトジト雨が予想されます。

よって6/22(土)に一旦サビキ釣りを中断した355匹で止めていた場合、残り455匹となってましたが、その場合1)と2)の10cm未満の豆アジが釣りにくくなっている状況でその数を6/23(日)に釣れなかったら、梅雨のジトジト雨の中でずぶ濡れになりながら釣り続けるか梅雨明けまで待たなければならなくなりますね。

梅雨明けまで待ったら確実に全数10cmを超えるでしょうから目標達成はほぼ絶望となるところでした。
須磨のAさんのプレッシャーが今年の豆アジ最終日の私を目標達成のプレッシャーから解放していただけた事に感謝いたします、Aさんありがとうございました。


さて、そんな中、いよいよ今日目標の豆アジ年間2019匹を達成するぞ、とまた須磨海岸へ。
2019年6月23日(日) 05:00ちょうどに吉川釣具店でアミエビレンガ1個と石ゴカイ300円分を購入。

前日土曜の状況を見ても豆アジなら須磨浦漁港が好調なのは分かっていましたが、今日は敢えて千守突堤に行ってみました。
10千守好き

ここ、やっぱり好きなんですよ。
2017年、2018年と2年連続で須磨海岸豆アジ一番乗りを果たしたのがこの千守突堤東波止の東向き。
ただ今年は別の人に先を越されてしまったため、最後はここで締めくくらせていただきましょう。

09翌日千守

早朝から10名近い人が竿を出しておられますね。
特に先端付近はルアーを投げる人で一杯で、釣り友:たかじゅんさんも入りたかったポイントに入れなかった模様。
あ、元気屋マッキーさん、オレンジマンさん、せいさんも先端の方にいらっしゃってご挨拶。

さあ、私も釣りますよ、とアミエビをガンガン撒きますが、外向きも内向きも小魚の気配がありません。
おかしいなあ、6月も終盤なら朝から晩まで豆アジが釣れ続く千守突堤だったのに今年は一体どうしたんでしょうね。

30分ほど仕掛けを投入し続けましたがその間に釣れた豆アジはわずか1匹。
という事は時速2匹。
291匹釣るには145時間半かかりますよ(汗)

さすがにこりゃダメだと諦め、須磨浦漁港に移動。
竿を出しなおしたのが06:00過ぎ。
11再び漁港

こちらはここのところずっと安定しています。
ただまたツバスがアジを追い回しますので追い食いは待ち過ぎず、3~4匹掛かったところで引き上げるのが効率が良かったですね。
12いけるぞ


07:00 100匹突破。あと190匹。

これなら8時過ぎには2019匹達成できるかな?と思っていましたが、ここからペースが落ちます。
日が高く差してくると豆アジは隠れ、10cm以上の小アジが増えてきて3匹に1匹はノーカウントとなる状態に入ります。

07:50 200匹突破。あと91匹。

10cm~15cmのスズメダイ、20cm超のグレなどが混ざってきます。
25cmくらいのグレになるとのべ竿の糸を鳴らしてよい引きをしますので釣りとしては楽しいのですが、今の私には単なるエサ取り、外道なのですよ。ははは。


08:30 272匹目を釣り年間累計2000匹突破。あと19匹。
さあ、いよいよゴールは近いですよ!

08:43 年間累計2018匹まできました。 あと1匹!!!
13あと1匹

よーしあと1匹だけ釣って、ピッタリ2019匹で終わらせるぞーー!

08:45
14ドボン

うーん、ピッタリでは追われませんでしたが目標達成!
いやー、やっと終わったーーー!
これでやっと別の釣りもできる~。
15二つオーバー


btさん:
もとさん、おめでとうございます!

私:
はーい、ありがとうございましたーー。
やっと終わりましたー。

btさん:
でも目標は「2019匹」でしたよね。
ピッタリ終われなかったら
ドボンでリセット
最初からやり直しじゃないですか?笑笑
鬼!

■豆アジカウンター2019最終結果■
5月30日 千守東突堤 100匹
6月01日 千守西突堤 102匹
6月08日 千守西突堤 203匹
6月16日 漁港西波止 323匹
6月19日 漁港西波止 481匹
6月22日 漁港西波止 519匹
6月23日 漁港西波止 293匹
---------------------------
2019年 合計     2,021匹

皆様応援ありがとうございましたー!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

アミエビのカゴはこれがおススメですよ

01入れ食い


この土日でゴールテープを切りたいな、とまた須磨に向かいました。

まずは6月22日(土) 06:00
吉川釣具店でアミエビレンガを2個購入しお話をお聞きしますと、やはり今週も豆アジは須磨浦漁港が好調との事。
須磨のAさんが前日たくさん釣られてましたよ、というお話などをお聞きしながら須磨浦漁港西波止内向きに釣り座を構えます。

02釣り座


うんうん、今日も漁船の間で1投目からプルプルプルッといい感じで連で掛かってきますよ。
さあどこまでいけるかな。
03順調

しかし途中からツバスが邪魔をしてきます。
サビキ仕掛けに掛かった豆アジを狙って群がってくるのですね。

なんとかそれを避けながら釣りますが、豆アジがガジガジに齧られて上がってくるわ、ハリスは切られるわ、時にはそのままツバスが掛かってくるわでちょっと釣りにならない時間が続きます。
04ツバスも


まあ、今日はこの辺でにしておきましょうかね、とカウンターを見ると355匹。

目標の2,019匹まで残り455匹となりましたのであと釣行1回で決められるかなと思いつつ、一旦サビキ釣りは終えてキス釣り仲間が大挙している漁港西エリアのサーフに移動しましょっと。

05西エリア
西エリアサーフにはbtさん、h_nさん、NoRiさん、釣り阿呆侍さんなど見知った顔が釣り大会のように並んで釣られていますね。あはは。

皆さんとバカ話をし、豆アジ釣果も受け取っていただいたりしながら、私もイシゴカイのちょい投げで7/21(日)の「btピンギス祭り2019」のプラクティスを始めます。


で、途中でふと気になってスマホで吉川釣具店さんの釣果情報ブログを見てみたら、
ななななな、なんと!
Aさん釣果情報


ぐええ、須磨のAさんが豆アジ518匹で記録達成ですとー!??

この須磨のAさん、キス釣りでも1日60匹の記録を打ち立てられている釣り名人ですが、サビキ釣りもお得意なのです。
しかし518匹とはまたたくさん釣られましたね。
前週の私の1日釣果が自己最高の481匹でしたからそれを軽く抜き去られました。


さあ、では私はどうするか?

キスの60匹という記録は私が抜くことは無理でも、こと豆アジに関しては、
このままでは終われなーーい
なのですよ。

で、始めたばかりのキス釣りを中断し私はまた須磨浦漁港へ戻ります。
07再び漁港へ

もう日がかなり高い角度で差し込んでますので朝のポイントから少々移動した漁船の隙間、かなりタイトなところで漁船の陰に潜む豆アジを狙いましょう。

須磨のAさん  518匹
私の午前中    355匹
逆転するには164匹をここから釣らなければなりません。

またツバスに襲われたりしないうちにとピッチを上げます。
いつもは撮影する「豆アジ鯉のぼり状態の写真」も撮る余裕はありません。
うんうん、ツバスの群れも姿を消して豆アジの活性が高いです。
さあ、追い越すぞーーー!


ところがーーーー、ここで困ったことが。
一度中断した際にしまっていたアミエビが残り少ないのです。

うーーん、「アミエビを撒いてなんぼのサビキ釣り」でアミエビ切れが近いとは痛恨の失態です。
どうするどうする?また吉川釣具店にアミエビお代わり購入に行くか??
しかし戻ってきたときに豆アジの群れが去ってしまっていたらと思うと中座するのも危険です。


するとそこに女神が微笑みました。
ご家族でサビキ釣りに来られていた須磨のK山さんの奥様が娘さんと一緒に私の後ろを通りかかられたではありませんか。

ご家族より一足お先にお帰りですか?と聞く私にK山さんの奥様が
いえ、吉川さんにアミエビを追加で買いに行くのです と。

うおーーー、女神の救い~。
では厚かましいお願いですが私にもレンガを一個買ってきてもらえませんかと。
お陰様で助かりましたー、K山さんご夫妻、ありがとうございました。


そのお陰であともうちょい、あと少し、と釣り続けることができ
本日の豆アジ釣果は須磨のAさんの518匹を1匹上回る519匹達成!!

08吉川さん釣果報告
(この日の吉川釣具店釣果情報ブログより画像をお借りしました)


しかし、いやーー、我ながらなんと大人げない事をしてるのだろうとほんの少しだけ反省。
須磨のAさん、すみませんでしたーーー。
でもAさんの釣りの腕にはとてもかないませんので豆アジだけはご容赦ください。


家内:
でも須磨のAさんに再々逆転されたらどうするの?

私:
その数よりもう1匹だけ多く釣って再々々逆転するに決まってるやん。

家内:
とほほー。棒高跳びのセルゲイ・ブブカじゃないんだから。



■豆アジカウンター2019
5月30日 千守東突堤 100匹
6月01日 千守西突堤 102匹
6月08日 千守西突堤 203匹
6月16日 漁港西波止 323匹
6月19日 漁港西波止 481匹
6月22日 漁港西波止 519匹
---------------------------
2019年 合計    1,728匹

目標の2,019匹まであと291匹ですよ!!

さあ、翌日日曜(6月23日)に私の今年の豆アジ釣り最終日を迎える予定です!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


掛かったボラやツバスを抜き上げようとするとサビキ仕掛けがアミエビカゴごとぶち切られやすいので、豆アジ釣りでも玉網は必携なのです。

01ピンギス祭りサムネイル
釣り仲間のbtさん(blue tetristさん)が今年最初の須磨の釣り大会
btピンギス祭り
の開催を発表されました。

内容をかいつまんでまとめると、
1)日時:2019年7月21日(日)朝7時より午前中 第1部・第2部あり
2)場所:須磨海岸 開会式・検量・表彰式は須磨浦漁港東側
3)参加費:無料 表彰状あり、賞品はなし
4)参加資格:誰でも参加可。ただし小学生以下は保護者同伴で
5)ルール 第1部:キスの総重量争い個人戦 
     第2部:食べられる魚ならなんでもよい総重量争い団体戦
6)スケジュール
7:00 開会式(須磨浦漁港 東)
7:10 スタートフィッシング
9:30 検量開始(須磨浦漁港 東)
10:00 受付終了
10:30 表彰式
11:00 第二部 須磨浦漁港がえらいこっちゃバトル
12:00 終了後おひらき


詳細はbtさんブログを確認ください。

参加表明や申込も不要で、初心者の方も大歓迎というお気楽な会ですので皆様もご都合がよろしければぜひご参加くださーい。
私も運営のお手伝いも含めて参加予定です。


と、お知らせはこの程度にして、どういう狙い方をするかを早速検討してみましょう。


第1部:キス釣り大会(個人戦)
ルールは
・釣ったキスの総重量(サイズ不問)
・大会時間内に須磨海岸で釣った魚に限ります。

うーむ、このルールはシンプルながら少々悩ましいです。
実質2時間半ほどの時間内に釣ったキスの総重量。

 ①ピンギスの群れを探して手返し良く数釣り
 ②数は減るが20cmクラスのキス狙いで重量を稼ぐ

狙い方は上の2つのどちらかになりますね。

ここで参考になるのが昨年秋のbtオープン2018での詳細データ。

この時はキス3尾の総重量争いでしたが、年間最強王者として連覇なさった「ぷーちゃん」さんの釣果は20cm超を揃えられ(最大は23.5cm)総重量242g、1尾平均80.6gとのこと。
02ぷーちゃん釣果

それに対して10cmあたりを3匹では総重量25g、1尾平均8.3gとのこと。
03きんちゃん釣果

さてここから分かるのは、ざっくりですが
20cm級のキス1匹の重量は、
10cm級のキス1匹の重量の約10倍
であるという事です。

キスが成長に関わらず相似形だとすれば単純計算では長さが2倍なら体積・重量は2の3乗の8倍になると思われますが、大きなキスは筋肉量がそれ以上に多くなる、いわゆるデブギスになりますので10倍ほどになるのでしょうね。

となると2時間半の間に20cm級を5匹釣った人がいれば10cm級のキスはその10倍の50匹も釣らなければならなくなります。

もちろんキスは日によって大型が多発する日もあればピンギスだけが爆釣という日もありますので、その日の釣れ具合を見て場所の変更やタックル・仕掛けの変更を行うべきなのでしょうが、2時間半の短期決戦では途中で切り替えても最初からその釣り方をしている人に追いつくのは困難でしょう。

という事は、良型狙いかピンギス狙いかのどちらかに決め打ちしなけりゃならず、判断を間違えると上位入賞はまず無理でしょうね。

ま、大会はまだ1か月先ですのでプラクティスを行って見極めていくことにしましょう。


そしてもう一つのエキジビションマッチでもある
第二部:須磨浦漁港がえらいこっちゃバトル
こちらはbtさんブログのコメント欄によると
「食べられる魚なら何でもありの総重量争いグループ対抗戦」
でご検討中のこと。

須磨海岸で重量を稼げる大物といえばまず思い浮かぶのが
コブダイですね。

でも私は絶対にこんなの釣り上げられないでしょうから、小魚の数を稼ぐしかないですね。
私がなんとか数釣りが出来る釣りといえばやはりサビキ釣りかなと思いますので時速200匹で重量3.0kgを目指しましょっと。
ただし釣り方はいつものサビキとはちょっと変えますよ。うひひひひ。


あー、1か月前からもう既にめっちゃ楽しみです。


家内:
あーあ、また楽しみにしちゃった。


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


魚の重量を計るならタニタのステンレスデジタルスケールがおススメ
コンパクトで立てて収納できサビない!
注:ただし最大計量2kgなのでデカいコブダイは1回では計れません


前週に釣行1回で203匹を超えていよいよ盛期を迎えた須磨海岸の豆アジ。
前記事:強風の中、豆アジは盛期へ:6月8日(土)

私の今年の豆アジ釣果目標:2,019匹まで1,614匹という状態で迎えた先週末ももちろんまた須磨海岸へ行きましたよ~。

私の「豆アジ2,019匹」のルール:
 1)カウント対象:10cm未満の豆アジのみ。
  10cm以上は持ち帰ってもよいが数にはカウントしない。
 2)10cm未満であれば知り合いにプレゼントする分は釣果としてカウントしてよい。

この1)が問題なのですね。
特に今年は釣れ始めた当初からサイズがやや大きめで、早くしないと10cm以上の小アジの比率が高まってくるのです。

ではなぜそこまで10cm未満にこだわるのか。
それは頭を落とさずに油で揚げて美味しいサイズが10cm未満だからなのです。

それを超えると頭の骨が固くなってきて、頭の骨をサクサクに揚げようとすると身がカリカリに揚がり過ぎ、かといって身がちょうどいい揚がり具合だと頭の骨が固いままになってしまうのですね。
ちょうど頭と身の両方がサクサクに揚がるのが10cmまでなのですよ。

じゃあ頭を落として揚げればいいんじゃね?とおっしゃる方は一度「頭有り」と「頭無し」の唐揚げ食べ比べをしてみてくださいな。
豆アジの旨さは頭に宿る!
という事がお分かりいただけると思います。
また頭だけの唐揚げは香りが強すぎるのでやはり身の旨味とのバランスが大事なのです。


さて先週末の6月15日(土)は風速10mを超える爆風と雨のため釣りには行けず、6月16日(日)午前中だけの釣行でした。

■釣行日:2019年6月16日(日) 07:30-12:00
■場所 :須磨浦漁港 西大波止 内向きの船着き場

土曜よりもマシとはいえ、千守突堤や須磨浦漁港東波止は暴風に体が煽られ荷物が吹き飛ばされそうな状態ですので、西風を避けられる須磨浦漁港西波止内向きへ。
01釣れるよ

結果は10cm未満の豆アジのみの持ち帰りで、
意地の323匹!!
うーん、時速72匹ですか。
ツバスが回って小魚を追い回しているためか時折群れがピタッといなくなる時間が長かったですね。

また釣れるアジの中に10cmを超えるものが混じり始めてます。
02ただしサイズが

アジのサビキ釣りシーズンは最盛期を迎えつつありますが私にとっての豆アジシーズンはそろそろ終盤戦を迎えそうですよ。
こりゃ先を急がなきゃいけませんね。

また、須磨海岸は海の家の建設も始まっています。
今年の海開きは7月11日(木)だとか。
海開きになると釣りができるエリアと時間帯に制限が掛かりますのでやはりそれまでが勝負です。

03海の家建設中


という訳で土日祝日だけでは日が足りなくなりそうなので
6月19日(水)は有休を取得してまた豆アジ釣り。


■釣行日:2019年6月19日(水) 08:00-11:00
■場所 :須磨浦漁港 西大波止 内向きの船着き場

吉川釣具店でアミエビレンガ2つを購入しつつお聞きしたところ、やはりこの日も須磨浦漁港内向きが良さそうとの事で日曜とほぼ同じポイントへ入ります。

平日釣行は釣り人が少なくていい場所に入りやすいのはありがたいですが、回遊魚のサビキ釣りの場合は周りの人たちが撒くアミエビも影響しますのでほどよく混んでいるくらいがベストでもありやや悩ましいです。

数か所場所を小移動して試してみると、晴天のこの日は漁船と漁船の隙間、漁船の影になるあたりに群れが固まってそうですね。

■今日のお試し■
8本針仕掛けを付けた延べ竿2本での二刀流釣法
04二本竿
(やや分かりにくいですが漁船の間に竿を2本出しています。)

2本竿にする狙い:
豆アジサビキでは仕掛けが水中にある時間を長くすることが重要ですが、1本竿の場合は掛かった豆アジを針から外してカゴに次のアミエビを詰めている時間は仕掛けが陸上にあるため、竿を2本にしてどちらかの竿は常に水中にあるようにして数を稼ぎたいというのが狙いです。

その結果:
2本竿は良くないです!
竿は1本の方が釣果が上がります。

1本の竿の豆アジを針から外したりしている間は、もう1本の竿は置き竿状態になるのですが、その置き竿に10cm級とはいえ複数のアジがかかった場合底に引き込んだり食い上げたりして仕掛けが絡まりやすいのです。
その仕掛けの絡みを解いている間にもう1本の竿の仕掛けも絡んだりして、結果として手返しは悪い、釣りのリズムは狂うとデメリットの方が大きくなるのですね。

それを避けるためには例えばAIでアジが掛かったことを判断して勝手に釣り上げてくれる「自動サビキ釣り上げロボット」みたいなのがあれば良いのでしょうがそれはもはや趣味の釣りではないですね。ははは。


結論:これまで通りに
 1) 竿1本を手に持ち仕掛けを投入する
 2) 手でアタリを取り釣り上げる
 3) 豆アジを外し匹数分カウンターのボタンを押す
 4) カゴにアミエビを詰める
 5) 上記1)に戻る
を延々と繰り返すのが最も効率が良いと分かった次第です。



帰宅後の家内との会話

家内:
08_20本針仕掛け

私:
よ、よく覚えてるね。
でもあれは失敗ではないんだよ。
20本針はあまり良くない、ということをやってみたことで発見したんだよ。


家内:
そして、今回は竿の数を増やせば良いというものでもないと発見したのー?


とほほー。


ま、それはさておき。
この日はアジの成長により8本針パーフェクトになるまで待つと仕掛けトラブルが発生しますので3匹掛かったところで引き上げるのを繰り返します。

これはその日の群がり具合とアジのサイズによって最適な1回の釣り上げ匹数を決める必要があります。


■豆アジサビキ釣りの基本:
釣り始め30分の使い方
①最初の30分はポイントの選定とアジの群れの大きさ把握に努め、釣る事よりもその日の釣れるパターンを見つけることに専念する。

②その間アミエビは惜しげもなく撒き続ける。ここでケチるとその日の釣れるパターンを見誤ることになります。よってアミエビレンガは多めに準備しておく。
(目安は6月~7月初旬であれば釣り1時間半あたり1人レンガ1個です)

③その際アミエビはオドオドしながら撒いてはいけない。
  さあ豆アジよ
  このアミエビに群がるがよい
  そして貪り喰うがよい

 という気持ちで。
 まあ無理に意識しなくても豆アジが群がり始めたら気分は自然に大胆になりますけれど。


そして延々と釣り続ける事3時間。
本日の釣果:今季最多の481匹! 時速160匹突破!
06釣果481匹
(注:10cm以上の小アジ45匹はカウントに含めず)

持ち帰り分の一部はその日のうちに唐揚げや南蛮漬けに、食べきれない分はエラとハラワタを取ってから冷凍して保存し早めに食べるようにしています。
07唐揚げ


■豆アジサビキ釣りの基本その2:
豆アジは家族1人あたり大体週100匹程度が美味しく食べられる数です。
また1回の釣行で300匹を超えるとエラとハラワタを取る下処理もしんどいですね。
ですが小さくても立派な命。釣ったら食べ切る、が基本中の基本です。



■豆アジカウンター2019■
 2019年目標   2,019匹
 6/16の釣果    323匹
 6/19の釣果    481匹
 2019年累計   1,209匹
-------------------------------------------
2,019匹-1,209匹 =  810匹
よーし目標達成まであと810匹!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


豆アジの数を数えるにはこのカウンターが便利です。
(デジタル式で防水性能が高いものは値段も高いです)

どたばたした平日を何とか乗り切って迎えました6月8日の土曜日。
先週202匹を釣った豆アジの数を2019年の目標2,019匹に向けて更に伸ばすためにまた朝暗いうちから須磨海岸に向かいました。

ただこの日のネックは猛烈な西風。
この日は午後に所用あり、竿を出せるのはほぼ午前中のみ。
そんな中、特に午前9時から10時頃は風速10m/sだとか。うーむ。

000

吉川釣具店でアミエビレンガを購入し、西風を避けるためにまずは須磨浦漁港の西波止に行ってみましょう。
こちらは西側から南側に向けての高い防波壁が風よけになってくれるかなと。

到着すると防波壁の上で釣っている人のクーラーボックスが風で倒れて落ちてくるような状態ですが、内向き漁港の中はなんとか釣りができそうなので支度を開始します。

普段私は千守突堤東向きの勝手知ったる水深の場所で延べ竿でサビキ釣りをしていますが、今日はこの後も風向きによって釣り場所を移動することが予想されますので、またエメラルダスストイストAGS90ULL-SにイグジストLT2500という組み合わせで開始しましょっと。


すると同じ頃到着されたキャップからシューズまで全身ダイワ製品に身を包まれたエギンガーと思われる方(以下勝手に「ダイワマンさん」と命名)が声を掛けて来られましたよ。


ダイワマンさん:
今日はアオリイカ狙いで須磨一文字に渡ろうと思ってたんですけど、この風では一文字はやめた方が良さそうですね。


私:
ええ、今日の一文字は釣りが出来る出来ない以前に危険でしょうからやめておくのが賢明ですね。


などとお話していたところで私がロッドケースから出してきたストイストに気付かれました。


ダイワマンさん:
わっ!それ、エメラルダスシリーズの中で一番ええロッドですやん!!


私:
ははは、ありがとうございます。
私は腕が悪いのでせめて道具でカバーしなきゃいけませんのでね。

ダイワテスターの山田さんとお話ししてる時に「ストイストがええでー」と言われて買いましてん。

ダイワマンさん:
山田さんって、エギング界のカリスマの、あのヤマラッピさん??


00ヤマラッピ
6月8日(土)放送の「The Fishing」にて南紀の磯でエギング中のヤマラッピさん↑

この時ダイワマンさんの顔は「こいつ一体何もんや?」の表情。


でもお話ししたといってもフィッシングショー大阪のダイワブースで説明員として立たれていたヤマラッピさんに少々お聞きしただけであちらの記憶には一切残ってないと思いますよ、と補足しようとしたところで、ダイワマンさんは今度は私のリールに気付かれました。

ダイワマンさん:
で、リールはイグジストですかっ!?

すごいタックルですね。
相当なエギンガーとお見受けしますが、エギング歴は長いのですか?


私:
いえ、私エギングってまだやったことが無いんですよ。



ダイワマンさん:
は?
ではこれで今日は一体何を狙われるのですか?


私:
豆アジです。


ダイワマンさん:
はあ?



私の言葉にはどこにも嘘はないのですが混乱させたようで失礼いたしました。


さてそれはさておき朝の須磨浦漁港内側で豆アジ豆アジ。
アミエビを撒いてみますが豆アジの姿が見えませんね。

西波止先端近くはダメ。漁船の間もダメ、漁港奥もダメ。
うーん、まだ須磨海岸全域どこででも釣れるわけではないのかなと漁港をあきらめ千守突堤へ移動。
千守突堤は千森川(川の名前はなぜか千守ではなく千森)を挟んで東突堤と西突堤の2本がありますが、西突堤内向きが背中からの西風となるので真ん中あたりに釣り座を構えます。
こちらは風が巻きますのでライントラブルを避けるため竿は延べ竿に変更です。


うんうん、こちらは群れが回っていますね。
1投目でまず8本針仕掛けに4連掛け。
01-4連


2投目では8本針に6連掛け!
02-今度は6連

これなら今日はいけるかな?
8本針全部に豆アジだけを掛ける今年初のパーフェクト!

それって追い食いを待ち続ければ結構簡単なんじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思いますがいざ狙ってみるとこれがなかなか難しいのですよ。

その一番の敵は表層近くを泳ぐ豆サバとイワシ。

この日も波紋を立てながらこれらが表層を一杯泳いでいて、豆アジが泳ぐ中層から底あたりに針が届く前に先にこれらが針に掛かってしまうのですね。
しかも豆アジは釣り上げる際に口が切れて落ちてしまう事もあるほど口が柔らかいのですが、豆サバやイワシはそこそこ口がしっかりしていて仕掛けを強く揺さぶってもバレてくれにくいのです。

ではそういう場合はどうするか。
重めの鉄カゴ(この日は15号)にたっぷりぎっしりアミエビを詰め込んだら、竿を上にしゃくってできるだけ高いところからカゴを水面に叩き付けるようにぶち込むのです。
この際仕掛けが絡まないよう、ギリギリのテンションを保つ必要もありますので仕掛けのぶち込み時は立ち上がって高さを稼ぎます。

豆サバやイワシは表層近くを泳ぐために天敵である海鳥に食べられやすいためか、空から飛び込んでくる物体の影やドボンと水に飛び込む音に対して豆アジよりもはるかに敏感なのです。
その泳ぐスピードを活かして何かが飛び込んでくると一気に散っていくのですね。
まあ、アミエビの匂いによってすぐに戻ってはきますが、それによってわずか数秒間とは言え仕掛けを底に落とすだけの時間を稼げるのです。


さあ、ぶち込みますよ。
ドボーン、という音に豆サバやイワシが散った穴へ竿先を突っ込むような気持で一気に仕掛けを底に。

底に付いたら縦に鋭くサビいてアミエビを撒き散らかし、水中の反応に全神経を尖らせます。

プルッ

よし、まず1匹下の方で喰った。
プルップルルッ
よーし、下から3本目の針に2匹目が掛かった。
もっと喰ってこい。豆サバやイワシが底の方の仕掛けに気付いて戻ってくる前に。

プルップルルップルップルルッ

三、四、五と来たぞ。もうちょいもうちょい。

プルプルプルプルプルプルプルプル
さあどうだっ!来たか?8本針に8本掛け!!!


03-6連

キターーーーーヽ(☆∀☆ )ノ

(この時悠長に写真を撮っていると豆アジが暴れ口が切れて海に落ちますので注意しましょう)


すると100匹を超えたあたりでピタリと止まる豆アジの食い。

なんでだろうなー、と思っていたら直後に理由が分かりました。

04ツバス
25cmくらいのツバスが小魚を追いかけて足元を走り回っていたんですね。
そのあと15cmほどのモジャコもサビキの0.3号針に掛かってきました。


こうなったらたら周囲を見渡してその時どこで釣れているかを確認しましょ。
向こう側に見える千守東突堤はあまり釣れてそうな気配がない割に人が多そうです。
07千守東

では背中側は?とみるとふむふむ今日も西突堤西向きでも湧いているようですよ。
となると時々突堤内側も確認しながら主に西向き外側に狙いを変えましょう。

この時点で豆アジはやっと束超えの105匹。
06カウンター105匹

あ、このあたりで「ブログを書かれてるもとさんですよね」とお声がけいただきました方、お名前をお聞きできませんでしたがたくさん釣ってらっしゃいましたね。
粘ってらっしゃいましたので相当な数を釣られたんじゃないでしょうか。

さて100匹程度を超えたら仕掛けをチェックしましょう。
もっとこまめにチェックした方がよいとは思いますが、群れが来ている間は時間が惜しいのでその日の釣れ具合によってチェックするタイミングを決めます。
気付けばハリスが切れていたり針が折れていたりしますのでね。

その際、8本針のうち3本以上に異常があれば仕掛けを新しいものにそっくり取り替え、異常が2本までなら下の画像のような状態で持って行ったハリス(エダス)だけと交換します。
05予備針

で、場所を変えて再投入。
逆向きになると強い向かい風が正面から吹きつけるのでより釣りにくいですが踏ん張って数を稼ぎます。
帰宅しなきゃならない時間も迫ってくる中、今日の目標数を決めますよ。
弟:やすべーが5月30日に釣ったのが確か187匹。
ではそれを上回る200匹を超えたらやめましょう

結果:203匹で納竿!
08カウンター203匹



さあ氷締めの状態で持ち帰ったら新鮮なうちに一気に料理しますよー。

数時間前まで海で泳いでいたのをギンギンの氷締めにして持ち帰った豆アジはできるだけ新鮮なうちに食べないともったいないですからね。

まずはザルに上げて水道水で水洗い。
水道水で体表をよく洗うことで真水に弱い腸炎ビブリオを殺菌でき、食中毒予防につながります。
刺身で食べるなら必須。
揚げ物にする場合でも包丁やまな板経由での別の食品での食中毒を防ぎましょう。
09釣果

しっかり洗ったら腹の方からエラ蓋に親指と人差し指を突っ込んでおなか方向にエラごとハラワタをむしり取ります。
100匹超えたあたりでラップをかけて冷蔵庫へ。
10下処理

もう100匹も捌いたら塩コショウをして南蛮漬けの付けダレの準備です。
11もう一皿


うん、今日の南蛮漬けもめっちゃ旨し!!
13南蛮漬け

私:
やっぱ旨いなー。
弟の先日の数も抜いたしますます旨いぞわはははは。

家内:
小さいわ。
今年も人間が豆アジ並みに小さいわ(涙)



■豆アジカウンター2019■
 2019年目標   2,019匹
 本日の釣果    203匹
 2019年累計      405匹
-------------------------------------------
 目標まで残り   1,614匹


うーん、豆アジの体長が10cmを超えるまでに達成するにはもっとペースを上げなきゃいけませんね。
がんばりまーす!

近畿釣行記バナー

↑このページのトップヘ