播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

2020年05月

サツキの花も散りいよいよ初夏から盛夏へと季節が変わっていきますね。

私はこの梅雨入りまでの爽やかな快晴の空、蚊が飛び始めるまでの季節が大好きです。
更にそこへ今年産まれたばかりの豆アジが釣れ始めるのですからたまりません。
土日はもちろん、平日の早朝もアミエビを持ってせっせと海に通う日が続きますよ。

シーズン超初期の5月終盤、豆アジが釣れる時間帯は朝まずめと夕まづめに限られます。
朝だと空が明るくなってくる午前4時30分頃から日が高くなってくる午前6時30分頃までの2時間がハッスルタイムですね。
IMG_9293
特にこの日の出の前後30分は鬼集中してアミエビをこれでもかこれでもかと撒き続けるのです。
ここで釣れなかったらこの時期は豆アジボウズの可能性が高くなりますよ。
5月中は午前8時~午後4時あたりはまず釣れないでしょう。


横走りする小サバや底へ潜ろうとするクサフグなどをできるだけかわし、プルプルッとした可愛らしいアタリの豆アジだけを釣り上げるのはなかなか難しいです。

そんな中でも人よりも少しでも多く釣るには次の3つが重要です。
 1) 時間帯とポイントを外さない事
 2) 針のサイズをできるだけ小さく、ハリスはできるだけ太くすること
 3) アミエビはケチらないこと

1)の「時期とポイント」について
須磨海岸では例年5月20日過ぎの大潮か中潮の潮が大きい日で、その上げ潮が朝マズメとぶつかるタイミングでその年最初の一匹が釣れています。
■参考:須磨海岸で最初の豆アジが釣れた日(吉川釣具店認定)と潮汐
           潮   釣り人
 2016年 5月21日 大潮   不明
 2017年 5月21日 中潮   もと
 2018年 5月26日 大潮   もと
 2019年 5月25日 中潮   不明
 2020年 5月23日 大潮   NoRiさん

またシーズン初期の豆アジはまだ遊泳能力がそう高くない為、大潮の上げ潮に乗って漂うように沖から岸に接近してプランクトンを捕食します。

その際に特に入り込んでくるのは、流れ込む陸の栄養分によってプランクトンが多い、川の河口近くで朝から明るい場所
よって沖一文字の切れ目、須磨海岸で言うと一文字5番と6番の間あたりから潮に乗ってくる千守東突堤の東向きが例年早く釣れ始めるのではないかと考えています。
52e9e24c



2) 「針のサイズをできるだけ小さく、ハリスはできるだけ太くすること」
5月下旬から6月初旬に釣れる豆アジのサイズは4cm~7cm程度。
当然口もとても小さいです。
私は小アジ針0.3号でサビキ仕掛けを自作していますがそれでも口に針が掛からず竿を立てる途中で釣り落とすことが多々あります。
そして小さな針の仕掛けではハリスも細いことが多いのですが、この時期に猛威を振るう小サバにハリスを切られない為にハリスはできるだけ太いものを選びましょう。
私のおすすめ市販仕掛けはこちら↓


3) 「アミエビはケチらないこと」
サビキ釣りとはアミエビの煙幕の中で乱舞する豆アジを如何にだまして疑似餌に掛けるかという釣りですので、アミエビをカゴにケチケチ詰める、というのはこの煙幕を作らない疑似餌バレバレ行為なのです。
特にその日の釣り初めは周囲のアミエビをすべて自分の足元に集めてしまう感じでガンガン使いましょう。

その際の気持ちは(以前も書きましたが)
わはははは、豆アジどもよ、私のアミエビに群がるがよい
そして釣り針を貪るがよい

の強気の上から目線ですよ。



そしてその結果、というか途中状況は
5月23日(土) 豆アジ 1匹
IMG_9268



5月26日(火) 豆アジ 5匹
IMG_9250


5月28日(木) 豆アジ 13匹
IMG_9270



5月29日(金) 豆アジ 21匹
IMG_9299


だんだん増えていっておりまっせーーー!

この週末は100匹超え/日が目標です!

■豆アジカウンター2020■
5月23日 千守東突堤  1匹
5月26日 千守東突堤  5匹
5月28日 千守東突堤   13匹
5月29日 千守東突堤   21匹
---------------------------
2020年 合計        40匹

2020年の目標2,020匹まであと1,980匹!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

IMG_9255

5月23日(土)に最初の1匹が釣れた今年の須磨の豆アジ。

例年釣れ始めの時期は豆アジの群れも小さくてなかなか数釣りができませんのでここは釣行回数で勝負しなきゃいけませんなあ。
平日も早朝の朝マズメに一瞬回ってくる豆アジを釣り上げに行きますよっと。


5月26日(火) 中潮 曇り 満潮07:49
釣行時間 04:30-07:00 千守突堤東
IMG_9213

海面に波紋は多いもののこれは今日も小サバの群れ。
その小サバの群れの隙間を縫うように仕掛けを一気に底まで落として豆アジのアタリを待ちますが、まだまだ豆アジは群れとは呼べないような密度でしか回ってきません。
連で掛かることも全くなく、単発で10分おきに1匹、という感じです。

IMG_9216

4時30分から5時30分の1時間かかってやっとこさ合計5匹。
時速5匹ではまだまだ豆アジシーズン開幕とは言えませんね。
(豆アジシーズン開幕の基準は時速50匹と考えています)

IMG_9221

豆アジハイシーズンにはクーラーボックスに潮氷をたっぷり作って釣れた豆アジを即座に氷締めにするのですが、今日はこれをブクで活かしたまま持ち帰りますよ。

IMG_9227

愛らしく泳ぐこの5匹の豆アジに
アジ太郎、アジ夫、アジ之介、アジ子、アジ美
と命名~。
見た目で区別できないどころか、オスなのかメスなのかもさっぱり分かりませんが。


家内:
あーあ、名前つけちゃった。
名前つけちゃったら情が湧いて食べられなくなるよ。


私:
大丈夫だよー。




IMG_9228


家内:
うわあ。





それではここで、このサイズの豆アジを美味しく食べるための下処理方法をまとめておきましょう。

豆アジの下処理のポイントは3点。
 1) エラの除去
 2) ハラワタの除去
 3) 血合いと黒い腹膜の除去

です。
この3点をしっかりやれば臭みが残らず、アジの味と香りが最大限に発揮されるのですよ。


①洗い方
これからの季節、食中毒が怖いですね。
豆アジはその体表に腸炎ビブリオが付いていることが多いのですが、これは真水で洗うことで死滅しますので、まずはボウルに入れて水道水でしっかり洗いましょう。
洗い方は水道水を流し入れながら水の中で豆アジをかき混ぜる感じですね。
お米を研ぐような感じですが、豆アジ同士をあまり強くこすり合わせると魚体が痛むのでやんわりと洗いましょう。
豆アジの鱗はそもそも全く気にならないほど小さくて柔らかいですし、この水洗いでほとんど落ちてしまいますから鱗取りというものは意識しなくて結構です。


②持ち方
水道水で洗った豆アジをザルに上げ、そこから1匹つまみ上げたら、
頭を左に、腹を上にするようにして左手で持ちます。
IMG_9229

この口と目玉の間の部分を左手の親指と人差し指でつまみ上げるのです。

IMG_9230

サイズが10cmを超えてくると少し向きを変えて左の手のひらでアジの背中を支えてやる方が安定しますが5cm~7cm程度であればこの持ち方が処理しやすいです。


③エラとハラワタのちぎり方
指が細い人であればそのまま右手の親指と人差し指をエラぶたの中に突っ込んでもよいのですが、シーズン超初期のミニ豆アジはエラぶたも小さく魚体も柔らかいのでやや難儀します。

そこで、右手で尾びれをちょいと背びれ側に引っ張ると!
図1

まあステキ、エラぶたがパカッと開いて摘まみたいエラが丸見えに!
IMG_9231

ここまで開いたら楽勝です。
2つのエラに右手親指と人差し指を差し込んで、
IMG_9232


左右のエラを同時につまんだら、
IMG_9233


エラを毟ってエラぶたから外します。
IMG_9237


エラがエラぶたの中から外れたら、左手指先は豆アジの首?の後ろあたりに持ち替えて、右手でつまんだままのエラを豆アジの尾びれ方向へ引っ張ります。
この時左手がつまんでいるのが口の先のままだと頭が千切れやすいのですよ。
IMG_9238

するとハラワタもくっついて引き出されてきますので、千切れないようにゆっくりと更に引っ張り、肛門の辺りでハラワタ全体を引きちぎります。
IMG_9240

上の画像でハラワタが入っていたお腹の中が黒っぽいのがお分かりでしょうか?
この黒い腹膜も少々臭いがありますので背骨近くの血合いと一緒に取ってしまいましょう。

もう少し大きなアジになると流水を掛けながら歯ブラシでこすると速いです。
ですがシーズン初期の豆アジは歯ブラシでこするには魚体がデリケートですので、流水を掛けながら右手人差し指の腹で拭うように洗い落としてやりましょう。
IMG_9244


血合いと腹膜が取れ、半透明のアジの魚肉の色になったらOKです。
IMG_9246

ここまでやった豆アジはこのあと油で揚げる事を踏まえてザルに並べて水気を切っておきます。
IMG_9250

ただお腹の中は水が残りやすいので、キッチンペーパーを折りたたんだものでふき取ってやると油で揚げる際にハネにくくなって吉です。
IMG_9252

次の豆アジを油に投入するときに前の豆アジが油の中でバフッと弾けると、跳んだ高温の油で手を火傷しますのでご注意ください。
もしも油を浴びたら水道水流水ですぐに冷却を。

あと注意点、くれぐれも「頭を魚体から千切れて外れる事がないように」心掛けください。
理由は「豆アジの旨さは頭の香りと魚体の味のマリアージュにあるから」です。


水気をふき取ってお皿に並べたら下処理は終了です。
IMG_9255


さてこの後の料理法で私が好きなのはなんと言っても唐揚げ!ですね。

ポリ袋に豆アジを入れ、そこへ片栗粉も入れたら袋を閉じて揺さぶって満遍なくまぶし、180度の油でうっすらしたキツネ色になったところで油を切って塩を少々振りかけます。
レモンやスダチを絞ったりしたら却って邪魔になりますのでできるだけシンプルに!

ベストは揚げながらつまみながら左手にビール、ですね。


揚げたてでまだジジジジ、と音を立てているようなのを噛みしめる。

アジの旨味と香ばしさが口いっぱいに広がったところで冷たいビールを流し込む。

あーー、たまりまへんなああああ(ジュル)



このあたりの揚げたて豆アジ唐揚げの旨さはこの漫画の第1巻にも「そうそう!」という感じで表現されていますよ。おススメ。



■さて結局今年もやります 豆アジカウンター2020■
5月23日 千守東突堤  1匹
5月26日 千守東突堤  5匹
---------------------------
2020年 合計       6匹

2020年の目標2,020匹まであと2,014匹!


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

気温は高くなってきたものの空気がカラッとしていて、私がこの世で一番好きな飲み物であるビールがますます美味しくなる季節がやってきましたよ!

家内:
ホントにビールが好きね。
「これと引換えならビールをやめてもいい」というものってあるの?

私:
仮に「100億円あげるからビールをやめろ」と言われても、その後一生ビールが飲めない人生になるのなら100億円なんていらないさ。


家内:
…人間の器が大きいのか小さいのか分からないコメントね。



ま、それはさておき。
不要不急の外出自粛を続けておりました期間に

せっせせっせと
IMG_9116

作り貯めた
IMG_9122

豆アジサビキ仕掛け

IMG_9123

その数30セット。

今年もこれを使う日が近づいてきました!

吉川釣具店ご夫妻の認定による
須磨豆アジ釣り1番乗り
にベストな条件は例年5月終盤の大潮の上げ潮なのですよ。
それがこの週末に重なるのですね。

まずは兵庫県の緊急事態宣言も解除された
5月22日(金)

この日は在宅勤務予定だったところにお休みをいただきまして、まだ暗い午前4時に須磨海岸に到着。

うむうむ、ええ感じやないですかー。
IMG_9161
満潮に近づき海がモワッと盛り上がってくるような、めっちゃ釣れそうな気配ムンムンです。


硬調子ののべ竿4.5mに道糸2号を3.1m。
自作サビキ仕掛けに金属製アミカゴを付けてカゴにはアミエビをみっちりと詰めて投入します。


んが、、、仕掛けに反応してくるのは小サバ、豆サバとあおちゃんだけ。
IMG_9162


1時間ほど粘りましたがこの日は豆アジは反応してこず、吉川釣具店で購入した石ゴカイを餌にキスのちょい投げに切り替えましたら早々に
ギュギュギューンという気持ちいい引きが!
IMG_9170
太目の22.5cmのキスゲットーーー!
よーし、今年初の20cm超えです♪

結局この日はこの他にピンギスも含めてのキス18匹に終わりました。


帰宅して20時に寝て3時に起き、

5月23日(土) 4時に再び千守突堤到着
IMG_9176

先に釣っていたあおちゃんに挨拶して準備しているところに到着されたNoRiさんにも挨拶を兼ねて
アジな名刺2020仕掛けをプレゼント。
それを早速ロッドにセットされるNoRiさんです。


「アジな名刺2020」仕掛けスペック

sikake spec

この仕掛けの最大の特徴は「針が小さくハリスが太い事」。
0.5号でも大きすぎるこの時期の超豆アジの口のサイズに合わせて「0.3号」の針を使い、数を稼ぐためには手返しを良くする必要がある為複数の豆アジを連掛けした上でハリスを引っ張って針を唇から引きちぎるのが目的で1.5号という太いハリスを使用している、
どこにも売っていない仕様です。


ソーシャルディスタンスをキープして私とは5mほど離れたところで釣られるNoRiさんにも私にも今日も小サバ豆サバが群がってきます。
IMG_9178


今日も昨日と同じかなあ、と思っているとNoRiさんから
おーーーっと、これはこれは?
の声が。


ガーーン、今年の豆アジ、先を越されましたーーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)
IMG_9183



くーーー、悔しい!!

しかし豆アジが回ってきたことは喜ばしいので私も落ち込んでおられずアミエビカゴと仕掛けをガンガン投入しますよ。

そしたらNoRiさんから「またキターー 2匹目!」の声。

ううううう、私には豆アジは来ないのか?何故だ何故だ?

かなり焦りを感じたところで私の竿先もサバとは異なる
プルプルプルプルッ
というアタリが!!!

IMG_9185
キターーーーーヽ(☆∀☆ )ノ

何度も手のひらに載せては姿を眺めます。
この6cm~7cmほどのマアジが私にとってはとてつもなく可愛く大好きなのですよ。

この間にNoRiさんは吉川釣具店に「今年初の豆アジ釣果」を報告に行かれました。


その後は日も昇り豆アジの姿も消えてしまったため、昨年に引き続き須磨豆アジ釣り1番乗りになれなかったことに結構落ち込みながら納竿し、吉川釣具店に報告した上で帰宅。


肩を落として道具を片付ける私に

家内:
残念だったね。でもそんなに落ち込まないで。
NoRiさんが釣られた仕掛けはあなたがプレゼントしたものだと胸を張ればいいじゃない。

私:
いや、釣り上げたのは私が後でも、吉川釣具店に原付を飛ばしてNoRiさんより先に報告していれば私が1番乗りだと言い張れたんじゃないかと後悔してるんだよ。


家内:
ち、小さいわ、人間が豆アジよりも小さいわ(涙)

私:
えーい、明日の日曜も行って、せめてこの週末に釣った数で勝ってやるわ!
く、悔しい。。。


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

↑このページのトップヘ