今年は春まだ早いうちからタコが豊漁で各地で好調が伝えられています。
タコを釣らせる遊漁船も夏の間の土日祝日はどれもこれも満席、平日は多少空きがあるかなという状況でコロナ禍で客が減っていた遊漁船もようやく一息付ける事でしょう。

そんな中、先週の小松乗合船に引き続いての今年2回目のタコ釣りは6月27日(土)、お世話になった船は「軟体系の天敵」の異名を持つ阪本丸。




01


この船は船長の性格から通称「S丸」「ドS丸」とも呼ばれており(船にも書かれていますが笑笑)、その日の釣り客で爆釣した人は船長から「変態さん」呼ばわりされることを無上の喜びとしているという、先週の小松乗合船とは大きく異なる釣り船です。

しかしその船の操縦技術は明石のタコ釣りポイントを知り尽くした遊漁船の中でも群を抜いており、「ハニースポット」と呼ばれるタコの巣窟のようなポイントの上を舐め尽くすことで客にどかどか釣らせるため、タコ釣りシーズンが近づくと1日平均約300件の予約電話が掛かってくるのだとか。

そんな人気船、乗りたいけど今年はもう無理だよな、とあきらめていたところ、Yahoo!ブログ時代からの船釣り友「どらごんさん」から「3人分予約が取れたけど、もとさん良かったら乗る?」というとても有り難いお誘いをいただき二つ返事でお願いした次第です。

もうお一人は明石の船タコ釣り最強王者を決める「江井ヶ島タコカップ」、個人杯である「明石釣原人杯タコカップ」を主催なさっている「明石釣原人さん」。

いずれも私など足元にも及ばない猛者のお二人です。
02


他にも初めてお会いする黒田さんや中島さんといった明石ダコ釣り界の重鎮たちで船は13名満席。
朝5時に出船して一路ポイントに向かいます。
03


こんな中に私ごときが入っていていいんだろうか、と仕掛けを準備する私も緊張で顔がこわばってますがな(汗)
04
今日はいつものダイワマンスタイルではなく、麦わら帽子にTシャツと短パンという夏の明石ダコスタイルですよ~。


さて今日の仕掛けはやや濁りもあるため少しでも目立つようにとグローとブラックラメのワームが付いたデビルクラッカーにサンマの切り身を縛り付けたもので始めます。
05


船長の「今日の潮からすると釣れ始めるのは9時頃からやね」の言葉通り、早朝はやや渋めだったものの、8時30分を回ったころから船のあちこちで竿が大きく曲がり「デカい、デカい」の歓声が上がり始めます。

圧巻は私の2つ隣の明石釣原人さん。

1.5kg、2.5kgとデカいのを連発された後、この日の船中最大の3.5kgを釣り上げられます。
06

私だったら手が震えて泣いてしまうかもしれない大物ですが、ケロッとしてらっしゃるのがまたすごい。

私と明石釣原人さんの間の釣り座のどらごんさんも、さすがかつて大阪湾タチウオキングバトルで予選(600名)とセミファイナル(48名)を勝ち抜いてファイナリスト(24名)に選ばれたこともある実力通りボコボコ釣り上げられます。
特に仕掛けを落としてから掛けるまでが早い早い。

そのお二人の潮下になる事が多かったこの日、私はお二人に型も数も差を広げられ、仕掛けをもっと目立たせようと焦った挙句ライントラブルや根掛かりが多発。
船長の「ええ筋に入ったで。ジャンジャン釣ってや。」の声を聞きながらPEにリーダーを結び直したりしているようではいけませんね。

それでも後半なんとかそこそこの型のを連発出来て尻上がりに釣果を伸ばす事が出来て一安心。
07

この日はこのくらいのサイズがアベレージでした。

08


正午頃に終了。
船長は「今日みたいな上げたり下げたりを繰り返す小潮の日は一番釣りにくい難しい日」とおっしゃってましたが釣果(ネット一つが一人分)を並べるとさすが皆さんたくさん釣ってらっしゃいます。
09

上に3匹乗っているのは明石釣原人さんの大ダコ3連発のです。

明石ダコは他の海域のタコと比較すると強い潮流に負けないよう脚が筋肉質で太く短いのが特徴ですが、大きくなると脚も長くなるのですね。

いやー、久しぶりにお会いした友人二人ともワイワイ話しながらのとても楽しい釣りでございました。
どらごんさん、明石釣原人さん、ありがとうございました!
また遊んでくださーい。

10


帰宅してタコを捌いたら、早速太めの脚を2分だけ茹でたお刺身に。

付けるのは醤油よりも胡麻油に塩を混ぜたものがタコの旨味を最大限に引き立てていいですね。
11

これ、ちょっと噛んですぐに飲み込んだらもったいないんです。
噛めば噛むほど旨味が湧き上がってくるのですよ。
最低50回は噛んでお供は日本酒を冷やで。

目を閉じると太陽に輝く明石の海が目に浮かんできます。
やはり明石のタコは日本一だと思いますね。

でもほかにもやらなきゃいけない釣りが多いので、もう今年は私のタコ釣りは終わりにしましょう。

もう既に来年の夏が楽しみです。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


この日私が一番よく釣れたのはデビルクラッカーのこのカラーです。