播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

カテゴリ: 垂水生活

ご無沙汰しております。もと@垂水です。

新型コロナウイルスは相変わらず猛威を振るってますね。
釣りは室内での趣味に比べると比較的「3密」の状況にはなりにくい方だとは思いますが、このところ外出自体を自粛してますので釣りにも行っていない状態でブログ更新もできておりませんでした。


そんな中でつらつらと考えておりました「命というもの」について少々記しておきます。

■今生きているということについて■
もしも両親が出会っていなければ自分は生まれていないだろう。
更に遡ると2組の祖父母が出会っていなければ両親は生まれていないだろう。

そう考えていくと、延々と繋がれてきた「命のリレー」がどこか1ヵ所途切れていたら今こうしてキーボードを打っている自分はいないんだということになりますね。
妻や子供と生活できている当たり前のような現状がいかに奇跡的なものかを改めて感謝します。


■交通事故死者数について■
全国での交通事故死者数は1970年の1万6765人がピークでした。
これは団塊の世代が車を運転するようになり交通量が急激に増加しているのに社会が対応しきれていなかったことが原因と言われています。

これが車の安全性能や交通の整備が向上したこと、及び乱暴な運転をする若者の数が減少したことで2019年には3215人とピーク時のわずか19%に減少しています。

しかし減少したとは言え、この年間3215人、一カ月平均で267人というこの数字。
この267人はその前月に、自分が翌月交通事故死するとは思ってもいなかったでしょう。
また死亡事故の加害者も自分が過失とはいえ人の命を奪うことになるとは想像もしてない人がほとんどだったでしょう。
今年2020年は外出自粛などにより交通事故も更に減少するものと思われますが、自分自身がまだ発生していない交通事故での加害者に、また被害者にならないよう「自分は大丈夫」と過信することなく生きていくことにします。


■釣りで命を失う場合■
釣りで命を失う人の多くは海に転落するケースです。
その場合の生存確率を少しでも高める為に必須なのが「ライフジャケット」。

ライフジャケット着用の一番の目的は転落した場合に自分の命を守ること。
二番目の目的は転落した人を助ける場合に道連れになるのを防ぐこと。

そして三番目の目的は「もしも死んでも帰宅できる可能性を高めること」。

川で水遊びをしていて流された人の捜索で、ボートの上から棒で川底を突いている場面をご覧になった方も多いでしょう。ライフジャケットを付けない遺体は沈むのですね。

遺体が見つからないまま捜索が打ち切られると、仏様が無いお葬式になります。
遺族も割り切れない、あきらめきれない思いのままのお葬式では仏も成仏できないと思います。

ライフジャケットは必ず着用しましょう。


■結論■
はやくつりにいきたいな



にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

2月のある日、何気なく左手を見ると薬指の先が曲がっていることに気付きました。
01


薬指以外はまっすぐに伸びてますが、左手の薬指の第一関節だけが内側に45度ほどクニュっと曲がってるんですね。
特に痛みは無く、右手を使って伸ばしてみると一旦まっすぐになるのですが離すとまたくにゅっと。
02

なんじゃこりゃ?と思いつつネットで検索してみると、どうも突き指の一種の「マレット変形(マレットフィンガー、槌指)」と呼ばれるものだそうな。

(参照:日本整形外科学会サイト)

突き指や打撲などによって、指を伸ばしている筋肉と骨を繋ぐ腱(伸筋腱)が切れるのがその原因なのだとか。
手の甲の方向に指先を引っ張る腱が働かなくなることで指先が曲がったままになるのですね。


10mallet_finger_02


痛みが無いからと放置していると一生曲がったままになるとの事ですので、慌てて近所の整形外科へ行ってレントゲンを撮っていただくと、やはりマレット変形との診断。
「骨は折れてはいませんね」という医師のお言葉に少し安心したのですが、よくよくお話をお聞きすると、
・腱がつながった骨が欠けている場合の方が治りが速い。
・腱が切れている場合、装具で固定して腱が元のようにつながるまで待つ「保存的療法」により全治2か月~3か月
との事。
11mallet_finger_04

ただ骨が折れていた場合の「手術的療法」は指先から鋼線を打ち込むんだとか。
打ち込んだ鋼線はまた後で抜かなきゃいけません。
やはり折れてなくてよかったと思うことにしましょう(汗)


そして医師から紹介を受けた装具士さんにて固定装具をあしらっていただきましたよ。
03

これを外さずに約3か月辛抱しなきゃならんのです。


でも左手薬指だったのは不幸中の幸い、人差し指や親指に比べると薬指の先なんてほとんど使いませんからね、と思っていたのも束の間。
左手薬指の先って、ケガをしてみると結構使っていた事に気付くのです。

例えば、、
1)車を運転する際の運転席でシートベルトを装着しようとする時。
ベルトの金具をつかんで引っ張り伸ばす際には左手薬指が重要なのですね。
親指人差し指中指の3本だけだととても引っ張りにくいのです。
(もちろんステアリング操作やシフトノブ操作も)


2)電車で立っているときの吊り革つかみ。
これも指3本では電車が揺れた際などに不安が走ります。

3)トイレを済ませてトイレットペー(以下略)


うーん、当分不便な日が続きますね。


そして更に不便なのが釣りの仕掛け自作。
私は毎年この釣れにくい時期は初夏の豆アジサビキ釣りに向けてアジ針0.3号のバラ針を使ったサビキ仕掛けを量産するのですが、ここでも左手薬指の存在の大きさに気付くのです。
特に針に疑似餌のピンクスキンを巻く工程。

ピンクスキンを針に巻く際には5mmほどの幅に切ったスキンを針に結び付けて固定してから巻き付けていくのですが、これがほとんどあやとりのような作業なのです。

以下は数年前に家内に撮影を協力してもらった画像ですが、
親指と人差し指でスキンの端を持ち、中指と薬指にスキンを巻き大き目の結び目を作り、
06サビキ

薬指に引っ掛けた大き目の結び目にハリスを結んだ針を引っ掛けて締めこむのです。
07サビキ仕掛け


これを薬指抜きでやろうとするとめちゃ難しいのですよ。
中指・薬指の代わりに中指・小指でやろうとしたら指がつりそうになり作業効率も落ちること甚だしい。

代替策をあれこれ考えて悪戦苦闘しましたが、結論としては豆アジサビキ仕掛け自作には指10本が健康である必要があるということがよく分かった次第です。
当面は市販の仕掛けに頼らざるを得ないかなあ。

皆様もお怪我にはご注意ください。
もちろん新型コロナウイルス感染症予防もしっかりと。

志村けんさんのご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

「bt究極のラッキーパンチ」大会からもうすぐ1か月。
その間、全然ブログを更新できておりませんでした。

理由は2つですね。

1つは毎年この季節はわーいヾ(*´∀`*)ノヾ(*´∀`*)ノ釣れた釣れた!とブログ記事を書きたくなるような釣果に恵まれない事。 
この3月も3回ほど須磨浦一文字や千守突堤などに出掛けておりますが持ち帰り釣果は無しという日が続いています。

もう1つは新型コロナウイルスの蔓延によって気持ちがやや下向きになっている事。
いやあ、当初はSARSやMARSのようにそう広がることもなく終息するだろうと思っていましたが世界中にどんどん拡がり東京2020オリンピックもどうなるやら分からない状況に、なんだかおバカな文章を書き記す気にならんかったのです。
このままだと消費も冷え切って株価はますます下落、日本経済もどえらいことになりそうです。


また日常生活で困っているのはマスクの不足。
トイレットペーパーは次第に品薄感が弱まってきていますが、中国での生産が大部分の使い捨て不織布マスクの安定供給はまだまだ長引きそうです。
花粉症の人たちも気の毒ですね。


そこで代用可能なのがネックウォーマー。
私も冬場の釣りでは首の太い血管を寒風から守るのに愛用しています。
ネックウォーマー

伸縮性のある分厚いのに柔らかい生地ですので目の下から鼻、口、首をすっぽり包め、
もちろん洗濯して何度でも使用可能。
洗い替えを含めて2枚購入しておけば洗濯物が乾きにくい冬場でも安心です!

   



にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

先週末の須磨海岸の水温:実測値は17.0度でした。
まだ気温よりは10度ほど高いので、釣った魚を握ると温かく感じますがこれもここからどんどん下がっていき、海の中も冬本番となるので魚の活性もどんどん下がっていきますね。

私が好きなちょい投げでの釣り、例えば落ちギス釣りなどは12月後半以降になるとまだ深場に落ちて行っていない数少ないやつをいかに見つけ出すかという、趣味の範疇を超えて修行の領域になっていきます。

また、カレイも産卵前の乗っ込み期が終わって餌をあまり食わなくなり、産卵後にまた体力回復のために荒食いする花見ガレイの季節まで複数本の竿を投げ込んでも1日1匹釣れるかどうかという渋い時期になります。

そんな中でも比較的活性が低下しない魚はというと冬場の釣り対象の代表格「ガシラ」や「アイナメ」、または「コブダイ」と言ったところかなあ、と思ったところで
年がら年中悩まされるあの外道
を思い出しました。


それはフグ。
神戸の海ではクサフグやヒガンフグが良く釣れます。

フグは浅い岩礁帯や藻場に生息し、そこに棲む甲殻類やゴカイなどの多毛類などをエサにしているのでちょい投げやウキ釣りによく掛かってくるんですね。
ヒガンフグ
(画像はヒガンフグ)

その中で30cm位まで成長するヒガンフグの値段はフグ界の大様:トラフグの1kg10,000円には及ばないものの1kg3,000円~4,000円と結構なお値段で取引されています。
しかもそのお味は知り合いの料理人に捌いてもらってよく食べるという須磨のAさんをして「釣り物の天然ヒガンフグは身がモチモチしていて養殖のトラフグよりもはるかに旨い」と言わしめるほど。

うーん、これはますます食べたくなってきましたよ。


しかしそもそもフグの毒とは、テトロドトキシン、という名前くらいしか知りませんので、その毒がどういうものなのかここで調べて整理してみましょう。


テトロドトキシン(tetrodotoxin, TTX)
テトロドトキシン
毒の名前はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語です。
要するに「フグ毒」ですね。
構造式を見てもそんなに怖そうな物質には見えないのですが、それが自然界で合成されるアルカロイドの怖いところで、毒物の代表格:青酸カリ(シアン化カリウム)の800倍~1,000倍の毒性を持つというとんでもない猛毒です。
また熱に強く300度以上に加熱しても分解されないとはまさに煮ても焼いても食えない毒ですね。
フグ毒による中毒事故では致死率が5.7%と言われており、嘔吐や下痢で終わることが多い他の食中毒よりも致死率が圧倒的に高いのです。


さらに恐ろしいのは重度の中毒により死に至る場合のお話。

テトロドトキシンの致死作用は興奮性細胞によるNaイオンの透過性が阻害されることによる、神経や筋の興奮伝達の遮断が要因とのこと。

脳からの呼吸に関する指令が遮られることにより呼吸器系の障害が起き、酸素欠乏による窒息死につながるってすげえ嫌な死に方ですね。
拮抗薬や特異療法が存在せず、解毒方法も見つかっていないのも嫌。

要するに全身の神経が麻痺することによって呼吸困難となり最終的に窒息死するのですが、私が最も怖いと思ったのはその間意識がはっきりしているという事。
目を開けたまま呼吸が停止し全身が動かなくなっても意識があり、「生きながら死んでいく」って想像しただけでめっちゃ怖くないですか?


そんな恐ろしい猛毒を持つフグですから、素人が「筋肉は無毒らしい」とかいう生半可な知識で捌いて食べたり人に振る舞ったりしたら大変なことになりますわな。
となると釣ったフグを食べるためには須磨のAさんのようにフグを捌ける資格を持った方にお願いするか、自分でその資格を身に着けるしかないという事になる訳で、ではフグ調理の資格を取るにはどうしたらよいかを調べてみたところ、これまたなんとも分かりにくいのです。


簡単にまとめると
1)フグの調理資格は運転免許や調理師免許のような国家資格ではなく、各都道府県・自治体によって異なる規定を満たす事が必要。
2)その資格取得の方法も自治体によって異なり、試験に合格しなければならないところもあれば講習を受けるだけで資格を取得できるところもある。
3)「フグ調理師免許」とよく言われるが、都道府県によっては免許証というものは無いところも多い。講習を受ければ発行される「修了証」だったりする。
4)フグ調理の資格者の呼び名は都道府県によって異なり、ふぐ包丁師、ふぐ取扱者、ふぐ処理師、ふぐ調理士、ふぐ取扱登録者、ふぐ調理者等となる。
5)無資格で捌いたフグを他人に提供して中毒事故が起こった場合でも、無資格調理をしたという事は直接違法とはならない。
ただしそれによる過失傷害、過失致死などの疑いで捜査が入る。
(まあ法の裁きがあろうがなかろうが無資格でフグを捌いて人に振る舞うのは人道的にNGでしょうけれど)

うーむ、調べてみるものですね。知らなかったことだらけです。

そして私が住む兵庫県は?というとまた複雑で、各市の保健所の設置主体が「市」であるところ(神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市)と、それ以外の設置主体が「県」である市町村とでまた扱いが異なり、神戸市在住の私は神戸市の要綱に基づかなければならなず、神戸市が実施する「フグ調理・衛生に関する特別講習会」を受講すれば「フグ処理者」となれる模様です。

この講習会は年1回で、今年は既に10月19日に終了してしまっているため受講することはできませんが。
参考ページ
神戸市 フグの取扱いについて
https://www.city.kobe.lg.jp/a84140/business/todokede/hokenfukushikyoku/license/blowfish.html


調理師免許も不要のようですし、来年の講習会に申し込んで出刃包丁やまた板を持っていけばいいなら私もフグ処理者になれるんじゃないの~?

受講料は14,800円(令和元年の場合)かかりますが、先に書きましたヒガンフグの価格:3,000~4,000円/kgなら500gほどのを10匹も釣れば元が取れるわけです。
それくらい下手すりゃ、いや、上手くいけば数回の釣行で釣れますよ。

わはははは、これでフグ食べ放題だーーー。


と、喜びかけたのも束の間、、、

■受講対象者■
神戸市内の飲食店営業、魚介類販売業、魚介類せり売営業、その他魚介類の加工を行なう営業の営業者及び調理従事者。

ここで引っかかりました。
この受講対象者、すなわち受験資格としては仕事としてフグ処理に携わる者でないといけない、と読み取れます。

という事は、私のように食品を扱う仕事をしていない一般市民が自宅の台所で釣り物のフグを捌くために資格を取るというのは不可能なんですかね???

神戸市食品衛生協会のページ
http://kobe-shokukyo.sakura.ne.jp/seminar.html
には
神戸市内でフグを取扱う場合には、その店舗を所管する衛生監視事務所に届出を行わなければなりません。また、フグを取扱う各施設には、「フグ処理者」を置かなければなりません。この「フグ処理者」とは、下記の特別講習会を受講した者及び都道府県又は市町村によるフグの取扱いに関する免許又は資格を取得した者をいいます。
と、やはり店舗の届け出が必要と読めますし。
ただ「取り扱う場合」というのがフグを捌いてお金をいただく仕事を行う場合を指しているのか曖昧ですね。

このあたりは垂水区の衛生監視事務所内にある食品衛生協会各支所に聞いてみなけりゃなりません。
そもそも自宅でフグを捌いてよいのか?も含めて。

聞いた結果あっさりOKならばいいのですが、ダメな場合のやり方として考えられることは、

①飲食業への転職を考えており、そのための資格として受講したい、とお願いする。
それでもダメなら
②実際に「フグ処理者」を置かなければならない仕事に転職してから受講する。
ですかね。

家内:
なんだか考えが本末転倒な方向に進んでませんかー?


ははは。調べた結果はまた追ってレポートします。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

btピンギス祭り2019が自分でも驚きのぶっちぎり優勝で幕を閉じた7/21(日)。
今週平日は参加者の方々のブログ記事を読んでお祭りの余韻を味わっています。

 btさんブログ:blue tetristの釣りノート
  ピンギス祭りたくさんのご参加ありがとうございました!
 伯楽の大家さんブログ:
  btピンギス祭り2019
 ツアートさんブログ:休日は趣味でつぶれます
  btピンギス祭り2019 参加してきましたよ
 くりごろうさんブログ:くりごろうの阪神間で釣れるんか日記
  btピンギス祭り すごく楽しかった!!
 釣り阿呆侍さんブログ:喜怒哀楽じゃなくて けど、I like.
  釣りもシフトチェンジ


そして今週末はどこで何を釣ろうかなと考えておりましたら、ネットで調べ物をしていた家内から驚きの声が。
家内:
 前場さんが長期休業しちゃうってーーー!

ええええーーーーーっ?!まじっすか??


「前場さん」とは、香川県丸亀市綾歌町栗熊にあります老舗の讃岐うどん店のこと。
お店WEBサイト:手打ちうどん まえば

我々夫婦が知り合うきっかけになった讃岐うどん店巡りでも足しげく通ったお店です。
過去70回で延べ367軒に及ぶ私の訪讃履歴を調べてみると、リピート訪問を含むお店別訪問回数ランキングでは、
 1位:前場製麺所 42回
 2位:赤坂製麺所 34回  (2015年12月に惜しまれつつ閉店)
 3位:蒲生うどん 32回
と圧倒的に多かったのです。

前場の大将は大変気さくな方で、我々夫婦が独身時代からもよく行っておりましたためその後結婚することを決めた時も大変喜んでくださいました。
香川でうどん仲間から結婚を祝福いただいて開いてもらった、
「讃岐うどん型結婚式@蒲生うどん」
「讃岐うどん型披露宴@かすが町市場」
でも大将自らビデオカメラを回していただきまして、その映像がのちにNHKの香川県特集番組「さぬきうどん古今東西」でも流されたりもしましたっけ。

もちろんうどんも素晴らしく、麺はしなやかで伸びとコシがある典型的な讃岐うどん。
そして更に素晴らしいのがそのイリコダシ。
香川のうどん喰い集団の代表格「麺通団」による讃岐うどん好きへのアンケートでもダシ部門で圧倒的1位に輝き、
香川で一番の讃岐うどんダシという事は当然日本一、いや世界一の讃岐うどんダシ。もっと言うなら宇宙一の讃岐うどんのダシ
とまで評されたあのうどんが食べられなくなると。

WEBサイトによると、諸問題の関係で最長で8月7日(水)頃までの営業、早ければ8月4日(日)までになる可能性もあると。その後は11月頃に生うどんの販売は行うがお店で食べることはできなくなる可能性があるような。
うーん、いろいろご事情があるようですが寂しくなるなあ。
これは閉店前にこれまでのお礼も兼ねて行かねばタコネバ。

という訳で訪讃日を夫婦で検討しました結果、来週土曜は第14回明石釣り原人杯タコカップがありますので行くのは今週7月27日(土)に決定。
しっかり味わってくることにしましょう。


そこへお聞きしたのが現在釣れているアジュール舞子の大サバ狙いに須磨での釣り仲間、釣り阿呆侍さん、NoRiさん、摂津市のTさんたちがその7月27日(土)に夜釣りにいらっしゃるというお話。
これは地元民としてはぜひ参加せねば!

そしてその前にたかじゅんさんとお約束していたのは翌日7月28日(日)朝の須磨浦漁港でのライトカゴでの中アジ釣り

わはははは、体力的には大変だけどめっちゃ楽しみ!


家内:
またそんなおかしな予定を。。
アジは10cmを超えたらリリースサイズだと言ってなかったっけ?

私:
行動が何かおかしい時は、
 決めたルールが間違っているか、
 取り組み方が間違っているか、
のどちらかなんだよ。

今回はルールが間違っているのでそれを変更します。

旧ルール:
「豆アジのサイズが10cmを超えたらリリースすることとする」
 ↓
新ルール:
「10cm以上18cm未満のアジのみリリースするものとする (2019年7月23日改正)」



家内:
 いやいやいやいや、取り組み方を変えるべきでは。


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

↑このページのトップヘ