播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

カテゴリ: 旅行記

面白かった岡山牛窓を後にして、8月10日(土)は瀬戸大橋を渡って香川県へ。
香川と言えばまずは讃岐うどんですね。
7月27日(土)以来2週間振りの坂出市「がもううどん」で早めのお昼ご飯です。
24蒲生

20年前に讃岐うどん巡りにハマっていた頃は午前中だけで製麺所系のうどん屋さんを6軒回って12玉食べたりたりしておりましたが、最近は好きなお店1~2軒でゆっくり食べられれば満足だと思えるようになってきました。
いやあ、大人になったなあ。

家内:
それは大人になったと言うよりも、、、
いえ、なんでもないです。


ひーん、確かに昔に比べると食べられる量も衰えてきてるけどねー。
いいんだよ、20年前と同じ食生活してたら糖尿病になるよ。


さて今日の注文:
私 :熱いダシのかけうどん大(2玉)と冷たいダシのかけうどん大(2玉)
天ぷらやアゲは乗せずにうどんだけ4玉で純粋にうどんだけを味わいます。

家内:熱いダシのかけうどん大にアゲを乗せて。
がもううどんでの標準的注文ですね。

長い行列に並んだ後で暑かったところにちょうど店内奥のスペースが空きましたので、今日は外の風景を楽しみながらではなくお店の雰囲気に包まれての食事です。
IMG_6942

三代目の若大将とも少々お話ししながら食べているとあっという間に丼はからっぽ。
IMG_6943
うんうん、いつもながら素晴らしいうどんです。

以前二代目の大将がお店を改装してもっと綺麗な店構えにしようかと考えられた際に、三代目が「なんよんな、今のままがええんや」と反対されたとか。
私もまったく同感で、今のお店のままでいつまでも安定した美味しさを提供してくださることを心より願ってます。三代目、グッジョブ!


さて今日のエネルギーを蓄えたら車は一路高松へ。
IMG_6944
岸本釣具商会さんでキスの特効餌:チロリを買ったら高松のフェリー乗り場へ。
IMG_6946
白と赤のツートンカラーが可愛い「おめん2号」で向かうは男木島(おぎじま)。
瀬戸内国際芸術祭が開かれているという事で船内はかなりの混雑の中、40分ほどで島に到着。

この男木島、以前は愛媛の青島と並ぶ猫の島だったのですが、近年猫が増えすぎたため去勢手術が行われたとかでかなり減ったそうですね。
それでも島内を歩いているとちょこちょこ日陰で涼んでいる猫がいました。
00猫

人に慣れていて近づいても大人しく目をつぶってます。
というかグダグダ状態。

IMG_6956
毛皮を着てるようなもんですからかなり暑いのでしょう。
どの猫もグダグダ、というよりもグニャグニャですね。
IMG_6957

さて、細い道を通り抜けたら見えてくる砂浜。
「歩く方舟」という妙な芸術作品の近くで1時間だけ竿を出してみましょう。
ここにはキスはいるかな?
IMG_6958

どこに投げても根掛かりだらけの砂浜に苦戦しながら、わずかにある砂底の掛け上がりを狙います。

5投目でしたか、ゴン、ゴーンと来るキス特有のアタリが来たのに掛けられず。
うーむ、まだまだキスの掛け方は修業が必要です。
今回のロッドはいつものダイワ:エメラルダスSTOIST AGSではなく、仕舞寸法が短いダイワ:リバティクラブ小継磯に変えていたので感覚が少し違っていたのもよくありませんでした。

ゴツゴツしたアタリはキュウセンベラ23cm。
IMG_6962
暑さに負けてこれにて撤収です。
ベラは塩焼きか刺身が美味しそうでしたがこの日の夜も高松泊なのでリリース。

高松に戻るフェリー待合所もアートしてます。
IMG_6964


高松市内に戻ってのこの日の夜の食事では我々夫婦の仲人様ご夫妻に夏のご挨拶。
楽しい会話と美味しい料理に大変満足!
今度こそご夫妻をご馳走させて貰おうと思ってましたが逆にまたご馳走になってしまいました。
食工房Doi、大変美味しかったです、ご馳走様でした。


釣果には恵まれませんでしたがフェリーで島に渡るのって非日常感満載で楽しいですね。
またいろんな瀬戸内の島に行きたいな。



さあ次の釣りはお盆に帰省した際の弟との貸し手漕ぎボートでのキス釣りですよ!
2年前に行った時には5時間ほどで76匹釣れましたので今回も期待できます。楽しみ楽しみ。

しかし最大の心配はお天気。
特に弟と一緒の釣行で私が楽しみにするとかなりの確率で嵐になるのです。


貸しボートの予約は8月15日の朝。

WM_TY-T1910-V2_20190814-060000

ダメだこりゃ!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

00フェリー

8月9日(金)より仕事は夏休み!
家内と2泊3日くらいで出かけましょうと相談してましたが、アジア諸国は何かと物騒なので今年は国内近場に行ってみましょう。
最初の目的地は岡山県瀬戸内市牛窓町で1泊、翌日は瀬戸大橋を渡って香川県で1泊の小旅行です。

その牛窓「日本のエーゲ海」と呼ばれているそうですね。
01牛窓港
目の前の穏やかな海に浮かぶたくさんの小島。
頭の中に流れるのは小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」

あ、あの歌詞
 若いと 誰もが 心配するけれど 愛があるから 大丈夫なの

この部分について今は亡き父が昔、
若いけど資格を持ってるから大丈夫なの、とか、財産があるから大丈夫なの、と言うのなら納得するけど、『愛があるから』とか言うとるから誰もが若いと心配するんや
とぼやいたことを思い出しました。

初日のランチは牛窓漁港の近くの「UOUO」さんへ。
大型観光バスの駐車場もある観光客向けのお店かな、とそう期待せずに行ってみましたら予想を上回る魚の質の良さ。ここおススメですよ。
私のUO煮膳
02UO煮膳

家内のUO唐膳
03UO唐膳

美味しい魚に満足したら次は家内のリクエストで山の上にある「牛窓オリーブ園」のカフェ。
「山の上のロースタリ」という名のそのカフェはガイドブックなどにも存在していることは書かれていても詳細な情報がほとんど無いという隠れ家のようなお店です。
04カフェ
店内に照明がないせいか、外の明るさがダイレクトに伝わってきます。
お冷は素焼きの壺から柄杓で汲むセルフサービス。
またこの水が美味しいの!思わずお替り。
06セルフお冷
ここも牛窓に立ち寄られたらぜひ行ってみてください。


さてランチとコーヒーに満足したらフェリーで目の前の島に渡ってみましょう。
08
いいですねー、この料金。
大人往復で240円って、片道120円ですか。
今時片道100円台の交通機関って他にありましたっけ?

乗船時間はわずか5分ほど。
07フェリー
正面にある目の前の島が前島(まえじま)です。
08到着
観光地というよりは生活の島という感じですね。

この島に渡る目的は
 私 :牛窓の島でキスは釣れるかな?の確認
 家内:潮や波が穏やかな瀬戸内でビーチグラスは拾えるか?の確認
です。
私の釣り餌のイシゴカイは牛窓港近くの石井釣具店で石ゴカイを200円を乗船前に購入しておりました。これまたゴカイ販売の最少販売額が200円というのもほんとちょっとだけ竿を出す場合には嬉しい限りです。

フェリー着き場から西へ5分ほど歩いた小さなビーチに荷物を置いてそれぞれやりたいことを開始。
10釣り場
ここもいいですね、隠れ家っぽくて。
11釣り場

でも釣れるのは
12チャリコ

チャリコとか

13ちーばす
ミニシーバス、とか。

うーんキスはいないのかな?と思っていると強い引きが!
ブワンブワンと頭を振り、ドラグを鳴らすこの魚、この引き、知ってるぞ!
(撮影者:家内)
14デカい

やはりボラですね。40cm超え。
15ボラ
ま、下調べもなしに来たらこんなもんでしょう。

という訳で釣りはすべてリリースして持ち帰りは無し。
暑いしそろそろホテルに向かいましょっと。

家内のビーチグラス拾いは
「波が穏やかなためかサイズは大きいもののあまり角が削れていないものが多い」
との事。
なるほどいわゆる「若いビーチグラス」が多いのですね。

ホテルはザ・ホテル リマーニ & スパ 瀬戸内

17ホテル
館内はギリシャ風にデザインされていて明るくて清潔です。
夕食もホテルのレストランにてギリシャ料理とギリシャビール。
18ディナー

過去ギリシャ料理を意識して食べたことが無かったと思うのですが要するにオリーブオイルとガーリックで味付けした魚介類料理なのですね。

家内:
 そんな大雑把に括っていいのかしら?

あはは、多分違うでしょう。


肉料理、魚料理などを食べ終わるころ段々と日が沈んでいきます。
19夕焼け

ふーむ、いい雰囲気だな、と思っているとここからの色の変化が強烈だったのです。

20夕焼け

さすが「日本のエーゲ海」。あなどってました。
写真はなんのレタッチもしてないですよー。
21夕焼け


翌日8/10(土)のホテルの朝食
感心した点:
 焼き立てのパンが覚めないようにパンのバスケットの下に温めた石が敷いてあった事。
 こういう気配りは嬉しいですね。
22石

笑った点:
くりぬいたスイカに蛇口がついているスイカジュースサービス。
23スイカ知る

味はそのままスイカ汁。
あのスイカをシャブシャブシャブッと食べた後のお皿に種と一緒に残った汁の味です。


いやあ、牛窓ステイは初めてでしたがとても楽しゅうございました。

さて小旅行後半は香川県に渡り、うどんと釣りとビーチグラス拾いです!
(続く)

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

0640ef94.jpg

2月2日(土)、2月3日(日)の2日間、インテックス大阪にて開催されます
フィッシングショーOSAKA2019
今年も初日早速突撃してきました~。

フィッシングショーの楽しさは大きく2つ。
①各釣具メーカーが発表する話題の新製品を直接触って確かめられること
②テレビの釣り番組などでおなじみのタレントさんや釣り師と会ってお話を伺えること
でしょうかね。
もちろん釣り教室やトークショーなどもとても勉強になりますよ。
抽選会やマグロの解体ショーもあって、まあ釣り物が少ないこの季節の釣り人のためのお祭りですな。

さてその開催は09:00-17:00の8時間。
それなら朝早くから行ったほうがお得ですよね。
86b727cf.jpg


午前4時起床、4時30分自宅を徒歩で出発。4時56分垂水駅発の始発電車で大阪に向かいまっせー。

到着は6時40分。もうすぐ日の出という状態のインテックス大阪に到着。
e05b11ad.jpg


開門が9時からならそんな2時間以上前に行かなくても、と思われるでしょうが、ところがどっこいこの時点で既に数百人の開場待ちの行列ができているのですよ。
a108f2b3.jpg

このくそ寒い中、みんなアホですねー。

08:30 開場30分前:
行列がインテックス大阪の敷地外まで伸びておりますため、4列に並んで前へお詰めください
のアナウンス。
おいおい、インテックス大阪の敷地外って、4号館入り口から徒歩で10分ほど掛かる中ふ島駅の近くですやん。
みんなアホですねー。

08:40 突如行列が前に進み始める。
運営側がこれ以上行列が伸びるのは危険と判断し開場を早めたんでしょうね。

私はまずは4号館に飛び込み「体験仕掛け&釣り方教室」の鮎釣り教室に申込み。
事前予約はできない教室だという事もあって朝早くから並んでいたのですが、無事今日の第一回目の鮎釣り教室を先着15名中8番目で予約完了。
その時点で既にエギング教室は満席になっていましたね。


ほっと一息ついたら釣具の新製品を見に釣具メーカーのブースに行ってみましょ。
まずはHapyson(ハピソン)
ハピソンガールと呼ばれる若い女の子たちに近寄ってみますよ。
(釣具の新製品を見るんちゃうんかい、とは言わないでー)


最初に見つけたのは小西里果さん、通称こにたん
眼がパッチリした綺麗な女性ですねー。
先日1月12日に23歳になられたばかりの美人釣りガール。

声を掛けて一緒に写真に入ってもらいましょう。


e74aa8fd.jpg


あ、間違えた。
こちらは鮎釣り界の重鎮:村田満さん
1939年1月10日生まれで先日80歳になられた方。いやー、お達者です。

こにたんはこちら。
0d6459a9.jpg



ダイワブースではエギング界のカリスマ:ヤマラッピこと山田ヒロヒトさんにエギングロッドの事をいろいろお聞きしたり
44f23f46.jpg



私はこんなパワフルな鮎釣り師になりたいと思う瀬田 匡志さん(2017年ダイワ鮎マスターズ全国チャンピオン)にもお話を伺ったり
c5122ca5.jpg


家内:
おっさんとの2ショットが多いわねー、別にいいけど。

私:
だって若い綺麗な子にはおっさんがいっぱい群がっててなかなか近づけへんねんもんー
48267fec.jpg


秋丸みっぴさんは近づきたくてもコジレイさんたちとステージの上だし。
aeb80932.jpg



おっと、そうこうしてるうちに今日の最大の目的
体験仕掛け&釣り方教室 鮎釣り教室
の時間になりましたよ!
講師は
・揖保川をホームにされている塩谷さん
・吉野川をホームにされている泉本さん
・有田川をホームにされている下田さん
がま鮎フィールドテスターのお三方。これもすごい方々ですよ。
d3ffa1a0.jpg


初めに塩谷さんから全員にされたのが、
「皆さんの中で鮎釣りをなさったことが全く無いという方はいらっしゃいますか?」
というご質問。

私の場合、昨年の夏に豪雨の傷跡が残る濁った揖保川ヒガシマル前で弟やすべーの指導を受けつつも1匹も釣れなかった(【釣行記】初めての鮎釣り@揖保川ヒガシマル前)、というのを鮎釣り経験と読んでいいのか分かりませんが、ま、全く鮎釣りをしたことが無いわけではないな、と手を上げず。

その結果、受講者全員が鮎釣り経験者、という事になり中級者コースで講義がスタート(汗)

事前に勉強していたこともありなんとか内容にはついていけましたが、最後に話された和歌山の下田さんの
「水中に沈む倒木の向こうにいい色の石がある場合に根掛りをさせないオトリの送り込み方。特に倒木の下をどうくぐらせるか」
あたりはハイレベル過ぎてついていけませんでした、ははは。


講義全体を通じて感じ入ったのは塩谷さんからご説明いただいた、
・どんな川のどんな水量の時でも釣れる、という完璧な鮎釣り仕掛けと鮎の泳がせ方は無い。その時の状況から理に適った事ができるかが鮎釣りの難しく面白いところ。
・今年新元号に変わるが、次の元号、更にその次の元号になっても鮎釣りが楽しめるよう川を大切にして次の世代に美しい川を引き継いでいただきたい。

というお話でした。ありがとうございました。
9aa98d14.jpg

お礼をお伝えしてワイルドダンディー塩谷講師と記念写真。
今年の揖保川は上流のほうにも行ってみますねと。

ただ、なんですねー、やっぱ釣りは座学では成長できませんわね。
習うより慣れろ、慣れても分からなかったら教えを請う、じゃなきゃいけませんわな!


さて、釣具その他について
シマノの話題のスピニングリール:ニューモデル
19ヴァンキッシュ
e51f1ac2.jpg


この辺りまで近づいたところで人の多さにそれ以上の接近を断念しました。
ダイワのイグジスト以上、という噂の実力は本物か。
またユーザーレビューを期待しましょう。

さあ、そして
最後に日産自動車ブースですよ!
3fb92801.jpg


うーーーん、
2b3e0485.jpg


予想していたよりも、うーん。薄く軽い感じです。いろんな意味で。
とびつきは無いかな。


で、帰宅後こっちにとびつきました。
ac4d4057.jpg


ひゃっほーーー!
到着が楽しみです

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

家内:
ねえ、あなたや弟さん(やすべー:ぶるる 西播磨のブログによくコメントをいただいている、ayudrunkerさんっていらっしゃるじゃない。

私:
うんうん。
釣りや旅行や食事、人生をとことん楽しんでらっしゃる方だね。
どうかしたの?

家内:
鮎ドランカーってことは鵜?

私:
長良川やないねんから。
42a929c7.jpg


そもそも動詞の「drink」は水分やアルコールの摂取を目的として咀嚼せずに液体を飲むものだから「鮎を飲む」というのはおかしいよ。
drunker、は酔っ払いという意味だし。

ん?ちょっと待てよ。
「人の話を鵜呑みにする」という言葉は、鵜が魚を咀嚼せずに丸呑みする事に由来してるんだっけ?
じゃ、やっぱりayudrunkerさんは鮎を丸飲みする酔っ払いの鵜なのか?

家内:
 でしょ?


そのayudrunkerさん、今週もプチ家出と称して淡路島に渡られ車中泊をしながらチヌ釣りを楽しんでらっしゃいましたがその記事の中で使われていた車内の画像、これいいですねー。(ブログから画像をお借りしました)
7678d407.jpg


ベッドの上にあるのはテレビでしょうか?
ベッドの下には電子レンジもあるようで、こりゃ素晴らしいですね。
最近はやりの一人キャンプで釣りもして夜はお酒も楽しむ。
あー、うらやましいなー。


そんな中、今週末に開催される
フィッシングショーOSAKA 2019
でどういう優先順で回ろうかと会場マップを調べてましたところ、釣具メーカーがほとんどのブースの中でちょっと変わった名前が。



日産自動車?
何を展示するんだろう?と思って検索してみると、出てきたのがこちら。
日産、釣りに最適な「NV350 キャラバン」など
「フィッシングショーOSAKA 2019」出展。
車中泊やアウトドアレジャーを楽しめる
「NV200 バネット マルチベッドワゴン」も。

おおー、なるほど。釣りやアウトドアに特化したワゴン車の展示ですか。

通常は自動車メーカーの標準車をサードパーティの会社が改造するケースが多いのですが、これは日産自動車が自ら設計して量産するモデルなんですね。

特によさそうなのがNV200 バネット マルチベッドワゴン。

諸元表を見るとうちが今乗っているプリウスよりも高さは高いものの全長と横幅は逆にコンパクトなくらいなのです。

内部も画像が公開されています。
9e5ba6a4.jpg


ええですねーーー、ワクワクしますねーー。
フィッシングショーOSAKAでは是非ベッドに寝転んでみましょっと。

普段は5人乗りワゴンとして使えて、一人車中泊の際にはベッドとテーブルを出せるという自由度の高さもいいですねー。

1.6Lガソリンエンジン4速AT、駆動方式はFF。
価格は233万640円

私:
うーむ…

家内:
プリウスを買い換えるのは嫌だよー

私:
ではプリウスにベッドを積めるように改造しようかなと。

家内:
それもっとイヤーー

近畿釣行記バナー

いやー、楽しい時間ってなんでこう早く過ぎるんでしょうね。
3泊4日の沖縄家族旅行もあっという間に後半です。

2日目の夜:1月3日(木)
辺野古基地のそばや万座ビーチで釣りをしたあと那覇に戻っての夕飯は那覇国際通りから少し中に入ったところにある沖縄料理居酒屋
55a8f466.jpg

このお店、おススメです。那覇に宿泊なさる際にはぜひどうぞ。
素材の一つ一つから生きるエネルギーをいただける気がしますよ。
息子が今回の旅行で一番良かった食事だったそう。
b9806446.jpg

特にこの「もとぶ牛のステーキ」が絶品でした。

私はオリオンビールからスタートして最後は泡盛へ。

14年ものの古酒(クースー):珊瑚礁
泡盛はあまり好きではなかったのですが、それは単に美味しいのを飲んだことが無かっただけだったとよく分かりました。
まろやかで香り高く、後口がスッと消える素晴らしい古酒でした。
いやー、毎晩美味しく気持ちよく酔っ払い~


そして旅行3日目の1月4日(金)~
沖縄本島の南側の見所を一気に回りましょうとまずは世界遺産の首里城へ

守礼の門をくぐる家内
97dedd66.jpg


平和祈念公園をちょっと覗いて
3c00b3c5.jpg


もちろんひめゆりの塔にもお参りし
a687e281.jpg


ホテルに戻る前に立ち寄った、釣具屋さん3軒目
f93a2eb2.jpg

こちらでまたイソメを300円分だけ購入して店を出たところでお店のガラス窓に
沖縄の魚を釣ってみよう!
というポスターが貼られているのに気付きました。



おっ!前日私が万座ビーチで釣った黄色い魚体に黒い星がある魚
dc8b4a96.jpg


これそっくりの魚が載ってますよ~
c54c6334.jpg

おおおお、現地名:ヤマトビー、標準和名:ニセクロホシフエダイ
という魚だったのですね。
NoRiさんのブログコメント大正解でした。
ありがとうございましたー>NoRiさん

そしてホテルに一旦戻ったのが午後2時過ぎ。
ここで家族会議の結果、この日の午後はそれぞれ好きなことをしてよい自由行動にしようと決定!


それぞれの行動:
 家内:
  ヘッドスパ+フットマッサージでリラックス
 息子:
  アニメイト那覇店でアニメオタクの買い物
 私:
  ホテル近くの国場川河口へちょい投げ釣り~

821fbec5.jpg



ここ、車が横付けできるチヌのフカセ釣りで有名な那覇市中心部の釣り場だそうです。神戸でいうと兵庫突堤に近い感じでしょうかね。
381bf638.jpg

確かに腰にタモ網を挟んだチヌ師っぽい人がいますね。

そうそう、沖縄ではチヌは「チン」とも発音するそうな。
では小さなチンは「チン子」ですかねーー?
しかもこの河口の少々上流にはあの漫湖もあるのですよ。
どうでしょう漫湖でチン子!

息子:
 お父さん、新年早々それはあかんと思うよ

うおっ、今年は息子が突っ込んできたぞ

息子:
 オリオンビール、飲みすぎやで

はいーー。すみません

しかしこの釣り場、皆さん薄着
お正月に半袖のTシャツ1枚なんて人も多いです。さすが那覇。
2c072237.jpg


今日の私の仕掛けも須磨でのキス釣り的なライトリグ。
bca5b908.jpg



しかし魚の反応がなーーーい。
4a3b873f.jpg


残念ながら前日も含めた沖縄3ヶ所での釣りはニセクロホシフエダイ1匹で終了となりました。

昨日の夕飯は沖縄名物:讃岐うどん 陽より
dd92aad3.jpg


女将さんが香川出身だとかでイリコの効いたダシも旨いよー!
粉はおそらくスズランか白椿のどちらか。
ここもお勧めします。
a918345f.jpg


今日最終日午前中は初日魚が少なかった牧志公設市場に再訪。
27a5323b.jpg

今日は活気がありますねー。
極彩色の魚もたくさん並んでて満足!
09228332.jpg





とっても面白かった沖縄旅行。
また行きたいな!
次回は石垣島や波照間島に行って今度こそホシギス釣るぞーーーー

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

↑このページのトップヘ