播磨と摂津の境目から

垂水在住のもとと申します。 人生楽しんでます。

カテゴリ: 水中動画

先週土曜に須磨で動作テストしてみたウェアラブル魚探「ぎょぎょウォッチ」。

01

実際に使ってみると、取説では分からなかったメリットも感じられとても満足しています。
ただ実際に私が釣りで使う場合には「こうだったらいいのにな」と思う点ももちろんありました。

例えば、、

不満点①:夜の海では発信機がどのあたりに浮かんでいるかが分かりにくい。

土曜日に試したのは昼間でしたから黄色い発信機はよく見えましたが、これが夜釣りになると真っ暗な海で見付けにくいだろうと思われます。
魚がいるポイントを探すのに、発信機の場所が見えなければ話になりませんね。

Deeper Pro、Deeper CHIRP+などの高級品では内蔵LEDをスマホのアプリからON/OFFできますが、ぎょぎょウォッチではおそらくLEDを内蔵してON/OFFスイッチを付けたりするのは防水や配線も含めてコストアップにつながるために見送られたのでしょうね。
これを自分で改造してLEDが点灯できるようにするのも難しそうですから、ここはケミホタルを装着できるようにしてみましょう。


発信機に取り付けるのはケミホタルを装着できるパイプ。

ちょうど良い内径のパイプが手元に無いので、ケミホタルを取り付けられるアタリ鈴をバラシてみましょう。
02

このアタリ鈴のケミホタル装着部分のパイプを切り取り、
03

切断面を滑らかにしたらコーキング剤で発信機に接着します。
04

今週末の釣り大会「bt究極のラッキーパンチ」にて伝助アナゴの居場所を探り当てますよ。
これで優勝は私のものですな、わはははは。
もちろん他の釣り人が多い時にはこれを投げ込むのは釣りの邪魔になりそうですので真っ暗なうちに。


もう一つの不満点②:海岸線に対して平行移動しにくい

これはぎょぎょウォッチなどの発信機に釣り糸を付けて海に投げ込むタイプの魚探に共通した欠点?ですね。

発信機の横移動は潮が横に速く流れている時にそれに乗せる以外は不可能で、自分の前方に投げて足元まで引いてくる直線移動しか無理なのですね。
21

しかし実際の釣りでは、自分が立っている沖合30mほどに海岸線と平行に走る駆け上がりを横方向にズーーッと移動させて魚が固まっている場所を確かめたい場合がよくあるのですよ。

となるとその解決策は、動力を持つ物をラジコン操作して発信機を確認したい方向に移動させることになりますね。


その場合、移動するための装置として考えられるのは以下の3つ。
 1) 水中ドローン
 2) 空中ドローン
 3) ラジコンボート


1)の水中ドローン
06

何十万円もしていた頃に比べるとずいぶん安くなってきたとはいえまだまだ高価ですし、そもそも水中映像がリアルタイムに確認できるならわざわざ魚探を運ばせる必要もないですね。
却下。


2)の空中ドローン
07ドローン

水中ドローンよりも安価ですが、安いものは別の物を引っ張って空を飛ぶパワーに欠けますし、ドローンの操作をミスった場合にドローンが海に落ちて魚探の発信機もろとも潮に流される、または海に沈むというリスクが考えられます。
これまた却下。


となると候補は3)のラジコンボートですね。

ラジコンボートと釣り、というと思い出されるのは釣り漫画の名作「釣りキチ三平」。
08釣りキチ表紙
KCコミックス31巻の「RCフィッシング編」が懐かしいです。

09

釣りキチ三平ではラジコンボートに短いロッドを装着してルアーを引き、キャストしたのでは打ち込めないポイントを狙っていましたが、海ではコブダイやボラが掛かる可能性を考えるとラジコンボートで釣りをするのは危険ですのでぎょぎょウォッチの発信機を引いてポイントを探る方が良いでしょう。


それでぎょぎょウォッチの発信機を駆け上がりまで引っ張っていき、海岸線と平行に移動させられるようなラジコンボートは無いかいな?とザッと探してみましたら、目に止まったのがこちら。

10
Goolsky Flytec 餌撒きタンク付きラジコンボート

ほほー、これはただのラジコンボートではなく、ボートの後ろに餌撒きタンクというものが付いているのですか。

オモチャとしてはなかなかのお値段ですのですぐには購入できませんがもう少し仕様を調べてみましょう。


11

なるほど、このボートの後ろの方にある2つの四角い箱のような部分が「餌撒きタンク」なのですね。

魚探に反応があった場所で餌を撒いて魚を足止めしておいて、そこに仕掛けを投げ込む、なんていう使い方もできそうです。
上から餌を撒くと棚が変わって却って難しくなるかもしれませんが。


そして興味を持ったのがこのボートでの餌の撒き方。

このタンクからどうやって餌を撒くのかな?と思って検索してみると、


13

わはは、そんな大雑把な!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

フィッシングショーOSAKA2020で実物を確認した、ウェアラブル魚群探知機
ぎょぎょウォッチ
01外箱

なんとamazonでポチった翌日に届きました。
早く届くのはありがたいですが、今回そんなに急がなくてもよかったんですけどね。
配送業者さん、お疲れ様です。

この商品、2019年の夏にクラウドファンディングサイト「makuake」にて応援購入を募集されたところ、目標金額20万円をあっというまに突破。
最終的には目標の37倍、750万円ほどが集まったというものです。

こういう陸っぱりから釣り糸を付けて海に浮かべるタイプの魚探は有名な「Deeper」シリーズなどいろいろと発売されており、以前から気にはなっていたのですがモニター部分が結構大きいものかスマートフォンをモニターとして使うものかがほとんどで、そのモニターを扱うのに片手がふさがるか、地面に置いたモニターを覗きこみながら確認する、というのがどうも気になり購入を躊躇しておりました。

そこに出たのがこの「ぎょぎょウオッチ」
モニターを腕時計型にすることによりネックとなっていた片手のふさがりを回避できるようになったので「こんなのを待っていた」と購入に踏み切った次第です。

仕様:
開封前に箱の裏に貼ってある仕様書を確認(これはwebでも確認できます)。
02スペック

腕時計型モニターは300gありますが、海に投げ込む探知機は45gと軽量です。
錘でいうと12号に相当しますね。
エギングロッドや1.5号磯竿では遠投するのに少々不安がありますのでこれを投げ込む際にはシーバスロッドか投げ竿を使うようにしましょっと。

探知可能水深は45m、探知可能距離は約70mというのは私の普段の釣りでは十分な探知範囲で全く問題なし。ええ感じです。
21
(上の絵に描かれているように船からでも、もちろん陸っぱりからも使えます)


箱を開けると本体と充電関係備品、取扱説明書がきれいに収まっています。
03開梱

下側のUSBのジャックが見えているモノ2つは腕時計型モニター充電用のUSBアダプタ。
アダプタはACコンセントに挿せるタイプと車のシガーソケットに挿せるタイプが入っています。シガーソケット用は気が利いてますが、私は既に同様の物を車に積んでますのでその分価格を下げてほしかった気もします。

気になるのは腕時計型モニターを充電する口が一般的なマイクロUSBではなく独自の細いピンである事。
酷使して断線した場合に代替品の入手が厄介ですね。


モニターはフル充電で連続16時間使用可能との事ですのでこれも私の通常の釣りでは問題ありませんし、もしもバッテリーが切れそうになったらモバイルバッテリーから追加充電も可能ですし。
ちなみに小型発信機の電源はCR2032のボタン電池で連続7日間使用可能と充分です。

では海に投げ込む前に部屋でそれぞれの電源を入れてみましょう。
05子機空気中

あれれ、モニターに何の反応もありませんよ?、と少々焦ったのですが後で分かって驚いたのは、小型発信機の底には金属端子が2つ出ていてそれらが水に浸かるとモニターに向けて電波が発信される仕様であること。
空気中にある時のボタン電池の消耗を防いでいるのでしょう。
これは気が利いた仕様ですねと気に入りました。


で、試しにボウルに張った水に浮かべてみるとちゃんと水深と水温が表示され、時間の経過とともに底の形状も映ることが分かり一安心。
06子機水上


こちらは腕時計型モニターを手首に付けたところ。
07親機

腕時計よりは大きいですがモニターサイズを考えるとこれくらいは必要ですね。
遠投する際に電波を拾いやすいように伸ばす内蔵アンテナは昔の漫画で出てきた腕時計型通信機のようで子供心をくすぐられてワクワクしますよ。

気になったのはモニターの日本語。
08フォント

中国の繁体字っぽいフォントです。
中国製ですからこのあたりは仕方ないですかね。
英語モードにしてみてもなんかダサいので日本語に戻しました。
まあこのアイテムの目的はモニターで魚影や海底の確認ですからよしとしましょう。


さてさて、では実際に海に投げ込んでみるとどうなるかの確認です。
2月15日(土)の小潮の日に最初に向かったのは須磨浦漁港東波止。
17

ここは小潮の満潮で水深5mくらいだったはず、と思いつつシーバスロッドにPE1.5号のスピニングリールで投げ込んでみましょう。


最初はラインの高切れが怖くておっかなびっくりちょい投げ(汗)

特に夜釣りで投げ込む時にはガイドにラインが絡んでる事に気付かず全力で投げてパチーンと切れるのが怖いのでKガイドなど絡みにくい竿の使用を強くお勧めします。
ラインもPEではなくナイロンの方がトラブルが少なくていいですね。
18
発信機の底の金属端子が上に向く事もなく、黄色の発信機は視認性もいいですよ。


モニターを見ながら引いてくると、魚影を見つけたところで「ピピピ」というアラーム音と「ブブブ」というバイブレーションで知らせてくれます。

ここで気になったのは腕時計型モニターを装着する手首を左右どちらにするかという点。
私は竿を右手に持ちリールを左手で巻く左巻き派なのですが、リールを巻く左手手首に装着するとリールを巻く際に手首が動いてそれに連動してモニターも動いてしまい確認がしづらいのです。

そこで竿を持つ右手手首に付け替えると、魚の反応があった際にアラームのバイブレーションが伝わり、それがまた魚のアタリそっくりなのですよ。
右手が魚のアタリと勘違いしてしまうんですね。

で、アラーム音だけにしたいのですが、アラーム音とアラームバイブは「両方をオンにする」か「両方をオフ」にするかの切り替え設定しかなく、音だけにする訳にいかないと。

まあ、これの使い方は発信機に仕掛けや餌を付けずに魚影を探す事ですから、早く慣れて振動をアタリと勘違いしないようにするしかないですね。
でも慣れた頃には実際に釣っているときのアタリへの反応が遅れそうでなんかイヤ(汗)
ここは次の製品では「アラーム音」と「アラームバイブ」を独立してオンオフできるようにして欲しいところです。


そして足元までずーーっと引いてきますと波止のキワで魚の反応が出ました。
19

一見魚がうじゃうじゃいるように見えますが、このモニターの見方で注意すべきことは、この魚探の発信機はGPS機能は搭載しておらず位置情報と表示の連動がされないこと。
モニターは時間軸で左側ほど過去、右側ほど現在の発信機の場所の情報を表示しているので、魚を見つけたところで巻き取りを止めると同じ魚を何度も検出するので画面が魚だらけになってしまうんですね。

またデータを保存できないのでDeeperのように日時と位置情報と連動した探知結果や海底図面の作成もほぼ不可能。

要するに「今、自分の前の海の深さと水温、魚影の有無をリアルタイムで見るためのもの」というシンプルな仕様な訳です。



家内:
いろいろ確認できたようだけど、結論としてこのお買い物は満足したの?

うん、釣りに関するものは仕掛けも料理もシンプルな方が良い、という私の基本的な考えに合ってるのでこれで十分満足だよ。
上を見るとキリがないけど、Deeperの半額くらいだし。

ただ、、


家内:
? ただ?


最大の改善要望点は「ぎょぎょウォッチ」、というネーミングです!(汗)


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ


先週末香川県にうどんを食いに出発する前にコーキングしておいた同軸ケーブル両端の電波音叉。
月曜夜に触ってみるとほぼ固まってきた模様です。
37e66866.jpg


ははは、まだ見映えが悪く気に入らないですがそれは後ほど整形するとして、この段階で一度性能テストをしてみましょう。
(ほっち(°∀° )さんすみません。もうやめますと言いながらまた電波の話です汗)


最終的には実際に海にカメラ「魚の目3号」を沈めてみなければ海水中での効果が分りません。
その前に空気中での減衰をカバーできるか?のテストです。

■使用機材■
 WiFi発信側:Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A1H
 WiFi受信側:Google NEXUS7
 電波強度測定アプリ:WiFi Analyzer for Android

■Before■
同軸ケーブルの長さ(7m)分カメラとタブレットを離した状態でのWifi受信電波強度を測定します。

電波強度は-80dBmを示していますね。
リンクスピードは6Mbpsとこれまた低い数字。
ギリギリ切断されずに繋がっている、という感じでしょうか。


■After■
次にタブレットに電波音叉の一端をビニールテープで留めてから、もう一端をカメラに少しずつ近づけていきます。
うんうん、段階的に電波強度が上昇していきますね。
カメラにテープで固定した時の電波強度がこちら。

電波強度は-29dBmまで上がりました。
リンクスピードは54Mbpsとなかなかのもの。

画像下側のグラフは電波強度の上昇状況を横軸に時間をとって表示したものです。
理論上は距離の二乗に比例して上昇するはずですが、正比例のように見えるのはおそらく近づける速度が一定でなかった為でしょうね。

強度の比を計算してみましょう。
((-80dBm)-(-29dBm))/(-3dBm)=Logx
x=125892.54

わはは、約12万6千倍になりました!
これだけあれば海水中でも十分だろうと思います。

では週末土曜日、この電波音叉ケーブルでまた垂水の海を覗いてきましょう。
中潮で午前中が上げ潮になるいい感じです。
天気はあまり良くないですが、雨が降らないことを祈りましょ。




11/6(日)の日記:
【水中動画】マイワシ大群@アジュール舞子温泉裏
で書きましたとおり、下の図のような構成でほぼ思い通りの海中動画撮影ができました。
eeb99de2.jpg


その準備として購入した水中のカメラ映像を手元のスマートフォンやタブレットまで引っ張ってくる水中撮影ケーブル:
【LUMICA/ルミカ】Bi Wireless Line(10m)
 Wi-Fi接続リモート撮影 水中撮影ケーブル (5,000円税別)
ba726883.jpg


ポチッとした際はイワシの群れがいなくなる前に届くようにとじっくり調べませんでしたが、落ち着いてみるといくつか困った点もあります。

■困った点■
1)ケーブルが長すぎた。
ケーブルの販売元:ルミカのサイトでは全長6mと10mの2種類の長さのケーブルが売られています。

今回は「長は短を兼ねるだろう」と10mの方を買ってしまいましたが、なにせ玉網の全長が5mですので足元に5mほど余ったケーブルの輪が転がります。
(その先端にタブレット、スマホが繋がる)

釣りをしながらの撮影を行うと、これが結構邪魔になるんですね。
6m版にすればよかったなと思っても後の祭りです。
追加買いするにも6mのものでも4,500円もしますし。
ま、今後もっと長いポールやロープを使用するときには10mくらい必要になるだろうとは思いますのでこれはこれで大事にしましょう。


2)ケーブルが重すぎた。
長すぎた事にもよるのですが、同軸ケーブル自体が太いんですね。
直径からすると5C(網線の直径が5mm)かなと思われます。
その結果、玉網の柄が400グラムなのに対し、ケーブルが460グラムもあります。
釣りの荷物は軽いにこしたことがないですからね。
また、太いと片付ける際の巻き取りなどもしづらくなります。
ここもなんとかしたいところ。


■では自作を検討してみよう■
スマートフォンやタブレットに接続する部分はφ3.5mmのステレオミニプラグになっています。
419742d1.jpg


この形状から当初はてっきりこのミニプラグから映像信号がデバイスに入力されるのだろうと思っていましたが、説明書を見ると
「このミニプラグはケーブルの固定用であり、通信機能はありません」
の記載があります。

ははーん、これは要するに無接点のアンテナ:「電波音叉」と呼ばれる仕組みを使っているんですね。
それならば必要な長さのケーブルを買ってきて、両端を受信部と発信部にしてやればよい訳です。

また、こういうことをやろうとすると常に付きまとうのが「電波法」なのですが、この仕組みならば無線機器を改造したり結線接続をするわけではないので電波法違反にはならないのも安心です。

構造は非常にシンプルです。
「1/4波長ダイポールアンテナのGND接続なし」
という感じですね。


■工作!工作!■
では実際に作ってみましょう。
家電量販店でアンテナ用の同軸ケーブルを買ってきました。
同軸ケーブルは一番細い3C-FVのが1mあたり120円、7mで840円でした。
これでうまくいったらBi Wireless Lineの1/5くらいで量産できますね。
(量産してどうする)

同軸ケーブルの被覆を少々剥き、軸線と網線に分けます。
36fbbf65.jpg


軸線と網線にそれぞれ1/4波長のワイヤーを半田付けします。
ワイヤー1本の長さ = 波長の1/4
 = (30万km/s)/2.4GHz×1/4
 = 31.25mm

少々長めに切ってつないでおいて、後で正確に切断するほうが確実です。
bef8a97e.jpg


ストローを半分に割ったものに入れて直線状に整えたところでシリコンコーキングを流し込みます。
1fdf9e74.jpg


乾いたら二股に分かれている部分(被覆を切ったあたり)全体を再度コーキングして完成です。


今夜はここまで。
電波強度確認実験の結果はまた追ってレポートします。


今から讃岐うどんを食いに海を渡ってきます~。





先日から海中のカメラから発信されるWiFiの電波をなんとか海面上まで飛ばせないかをあれこれ調べておりました。
いやあ、色々と勉強になりました。

ただ「電磁波には波動性と粒子性という二面性がある」というあたりは学生時代に物理学を学んだ際に知識としては持ったものの、その理屈を完全に理解しようとするとやはり泥沼にはまってしまいます。
光学、電磁気学、量子力学といった世界は極めて奥が深いです。


ただ今回の勉強中、非常に興味深くこれだけでも覚えておこうと思ったことがあります。

 1)海水中に放射された電磁波はイオンを振動させることに
  よってエネルギーを失い急激に減衰する。

 2)その吸収係数は電磁波の周波数によって異なり、周波数が
  高いほど減衰しやすくなる。

 3)しかしながら周波数が低ければ低いほど減衰しない訳ではなく、
  低くてもまた減衰しやすくなる。


ではどの程度の周波数帯が最も水中を通りやすいのかを調べてみてアラびっくり。
ca482359.jpg


青い折れ線が水による吸収スペクトルですので、これが低いほど電磁波が通りやすいことになりますが、
人間の目に見える「可視光線」の範囲が劇的に透過しやすいこと
が分ります。


これは人間の目に合わせて海水や光が性質を変えてくれているという訳はありませんね。
生物が進化してきた過程において、水の中を通りやすい周波数の電磁波を目に見えるようになったのでしょう。
そしてそれは地上で生活するようになった現在の人間にも受け継がれているんですね。

釣れなくても海を見ているだけで癒される、とか、海の中を覗いてみたいという欲求が沸く理由も分りました。

やっぱ私のずーーっと前の祖先が海の中を泳いでいたんだからなんですね。




↑このページのトップヘ